近くて遠い日本一… 星野監督と「オヤジさん」故川上哲治氏の決定的違い

公開日:  更新日:

「俺のミステーク。継投を間違ったかな」

 30日のシリーズ第4戦で逆転負けを喫した星野監督(66)は、開口一番こう言った。

 楽天は初回にジョーンズの3ランで先制。2勝1敗と勝ち越した勢いを見せつけたが、先発のハウザー以下、投手陣が12四死球の乱調。新人の宮川を四回に投入したのも裏目に出て、痛い1敗だ。

 くしくもこの日、星野監督が「オヤジさん」と呼んだ川上哲治氏が逝去していたことが明らかになった。試合前、「リーグ優勝の際に<最後までしっかりやれ>というハガキをもらった」と明かすと、「勝負に対して、ものすごく厳しかった。勝負に非情を出す、そういうところを学んだ」と振り返った。

 だが、星野監督の野球は川上野球とは対照的だ。スポーツライターの工藤健策氏は言う。

「星野監督は自ら先頭に立ってチームを鼓舞する熱情タイプ。川上監督は巨人のV9時代、ベンチではじっとこらえて、ミーティングでは強烈に叱ったり、褒めたりした。選手を情で使ったりはせず、シビアに見ていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る