• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

近くて遠い日本一… 星野監督と「オヤジさん」故川上哲治氏の決定的違い

「俺のミステーク。継投を間違ったかな」

 30日のシリーズ第4戦で逆転負けを喫した星野監督(66)は、開口一番こう言った。

 楽天は初回にジョーンズの3ランで先制。2勝1敗と勝ち越した勢いを見せつけたが、先発のハウザー以下、投手陣が12四死球の乱調。新人の宮川を四回に投入したのも裏目に出て、痛い1敗だ。

 くしくもこの日、星野監督が「オヤジさん」と呼んだ川上哲治氏が逝去していたことが明らかになった。試合前、「リーグ優勝の際に<最後までしっかりやれ>というハガキをもらった」と明かすと、「勝負に対して、ものすごく厳しかった。勝負に非情を出す、そういうところを学んだ」と振り返った。

 だが、星野監督の野球は川上野球とは対照的だ。スポーツライターの工藤健策氏は言う。

「星野監督は自ら先頭に立ってチームを鼓舞する熱情タイプ。川上監督は巨人のV9時代、ベンチではじっとこらえて、ミーティングでは強烈に叱ったり、褒めたりした。選手を情で使ったりはせず、シビアに見ていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る