近くて遠い日本一… 星野監督と「オヤジさん」故川上哲治氏の決定的違い

公開日: 更新日:

「俺のミステーク。継投を間違ったかな」

 30日のシリーズ第4戦で逆転負けを喫した星野監督(66)は、開口一番こう言った。

 楽天は初回にジョーンズの3ランで先制。2勝1敗と勝ち越した勢いを見せつけたが、先発のハウザー以下、投手陣が12四死球の乱調。新人の宮川を四回に投入したのも裏目に出て、痛い1敗だ。

 くしくもこの日、星野監督が「オヤジさん」と呼んだ川上哲治氏が逝去していたことが明らかになった。試合前、「リーグ優勝の際に<最後までしっかりやれ>というハガキをもらった」と明かすと、「勝負に対して、ものすごく厳しかった。勝負に非情を出す、そういうところを学んだ」と振り返った。

 だが、星野監督の野球は川上野球とは対照的だ。スポーツライターの工藤健策氏は言う。

「星野監督は自ら先頭に立ってチームを鼓舞する熱情タイプ。川上監督は巨人のV9時代、ベンチではじっとこらえて、ミーティングでは強烈に叱ったり、褒めたりした。選手を情で使ったりはせず、シビアに見ていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る