楽天が交渉権獲得 松井裕樹に気がかりな“星野スパルタ采配”

公開日:  更新日:

 24日に行われたプロ野球ドラフト会議。甲子園史上最多の1試合22奪三振を記録した松井裕樹投手(桐光学園高=17)の交渉権を獲得したのが楽天だ。

 日本ハム、DeNA、ソフトバンク、中日と5球団が競合しただけに、星野監督も、
「100点! これで納得しなかったらぜいたくだ」

 とご満悦。桐光学園で会見を行った松井も、「楽天さんは素晴らしい雰囲気で野球をしている強い球団。選ばれて光栄です」と話した。

 気になるのは来季の起用法。一軍でバリバリ投げるのか、それともじっくり育成か。ある球団関係者は「すでに青写真はあるそうです」と言う。

「佐藤義則投手コーチが実際に見てからの判断になるでしょうが、おそらく開幕は一軍。球団内でも『一軍でやれるだけの体力は十分ある』と評価されている。ただ、春季キャンプは二軍スタートではないか。いくら即戦力の力があっても、そこはやはり高卒ルーキー。隣のブルペンで則本らが150キロのボールをバシバシ投げていたら影響されないわけがない。ペースが狂ってケガでもされたら大変ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る