• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天が交渉権獲得 松井裕樹に気がかりな“星野スパルタ采配”

 24日に行われたプロ野球ドラフト会議。甲子園史上最多の1試合22奪三振を記録した松井裕樹投手(桐光学園高=17)の交渉権を獲得したのが楽天だ。

 日本ハム、DeNA、ソフトバンク、中日と5球団が競合しただけに、星野監督も、
「100点! これで納得しなかったらぜいたくだ」

 とご満悦。桐光学園で会見を行った松井も、「楽天さんは素晴らしい雰囲気で野球をしている強い球団。選ばれて光栄です」と話した。

 気になるのは来季の起用法。一軍でバリバリ投げるのか、それともじっくり育成か。ある球団関係者は「すでに青写真はあるそうです」と言う。

「佐藤義則投手コーチが実際に見てからの判断になるでしょうが、おそらく開幕は一軍。球団内でも『一軍でやれるだけの体力は十分ある』と評価されている。ただ、春季キャンプは二軍スタートではないか。いくら即戦力の力があっても、そこはやはり高卒ルーキー。隣のブルペンで則本らが150キロのボールをバシバシ投げていたら影響されないわけがない。ペースが狂ってケガでもされたら大変ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る