巨人ナインがなぜか断言…絶不調の坂本「復活」の根拠

公開日:  更新日:

 坂本勇人(24)は「普通」じゃない。

 高卒2年目の19歳で巨人の遊撃レギュラーの座を獲得。そのときから、優男風のあどけない表情とは対照的に、「プレッシャーを感じたことはないんですよね。チャンスだとワクワクします」などと、長嶋茂雄みたいなことを平然と口にしていた。昨年のハワイV旅行では、「スカイダイビングをやりたい」と駄々をこね、周囲が「万が一のことがあったら、どうするんだ。ついこの前、事故もあったらしい」と説得しても、「2度も事故は続かないでしょ。前からやってみたかった」と譲らない。結局、ツアー会社の方が「責任を取れない」と腰を引いてしまって周囲は安堵(あんど)したが、本人はずっと口をとがらせていたという。

 そんな男だから、「日本シリーズの大舞台だからといって、硬くなるようなヤツじゃない。伸び伸びやらせれば、必ず何か大仕事をやってのけるはずですよ」と某選手。坂本はこの日本シリーズで17打数2安打の打率・118で主砲の阿部と並んで貧打の象徴、戦犯扱いをされているが、このまま終わるわけがない、というのがナインの見立てなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る