巨人ナインがなぜか断言…絶不調の坂本「復活」の根拠

公開日: 更新日:

 坂本勇人(24)は「普通」じゃない。

 高卒2年目の19歳で巨人の遊撃レギュラーの座を獲得。そのときから、優男風のあどけない表情とは対照的に、「プレッシャーを感じたことはないんですよね。チャンスだとワクワクします」などと、長嶋茂雄みたいなことを平然と口にしていた。昨年のハワイV旅行では、「スカイダイビングをやりたい」と駄々をこね、周囲が「万が一のことがあったら、どうするんだ。ついこの前、事故もあったらしい」と説得しても、「2度も事故は続かないでしょ。前からやってみたかった」と譲らない。結局、ツアー会社の方が「責任を取れない」と腰を引いてしまって周囲は安堵(あんど)したが、本人はずっと口をとがらせていたという。

 そんな男だから、「日本シリーズの大舞台だからといって、硬くなるようなヤツじゃない。伸び伸びやらせれば、必ず何か大仕事をやってのけるはずですよ」と某選手。坂本はこの日本シリーズで17打数2安打の打率・118で主砲の阿部と並んで貧打の象徴、戦犯扱いをされているが、このまま終わるわけがない、というのがナインの見立てなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る