日本代表・遠藤&今野に懸念 G大阪「J1昇格」で払った“代償”

公開日: 更新日:

 J2・G大阪が3日の熊本戦(39節)を4―0で快勝。3試合を残してJ1自動昇格となる「2位以内」を確定させた。

 現日本代表主軸のMF遠藤保仁(33)、DF今野泰幸(30)を擁して1年でのJ1昇格に驚きはない。サプライズは、負けなしで復帰の可能性もあるといわれながら、昇格決定までに黒星5、引き分け11(勝利数23)を数えたことである。
「それもこれもG大阪の屋台骨を支える遠藤と今野が疲弊していたからです」と某サッカー記者。

「J2・42節はJ1・34節よりも長丁場。加えて技術レベルが低い分、運動量とフィジカルが幅をきかせ、遠藤がムチャ走りを強いられたり、今野が執拗なアタックを受けたり、これに日本代表の日程が加わって疲労困憊(こんぱい)、満身創痍(そうい)だった。下位とのカードは遠藤、今野抜きでも問題ないが、ホームではチケットの売れ行きにも関わってくるので日本代表の試合や合宿などを理由に数試合ほど欠場しただけ。2人はG大阪でも代表でも今年のパフォーマンスはガタ落ち。明らかな“勤続”疲労です」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る