日本代表・遠藤&今野に懸念 G大阪「J1昇格」で払った“代償”

公開日: 更新日:

 J2・G大阪が3日の熊本戦(39節)を4―0で快勝。3試合を残してJ1自動昇格となる「2位以内」を確定させた。

 現日本代表主軸のMF遠藤保仁(33)、DF今野泰幸(30)を擁して1年でのJ1昇格に驚きはない。サプライズは、負けなしで復帰の可能性もあるといわれながら、昇格決定までに黒星5、引き分け11(勝利数23)を数えたことである。
「それもこれもG大阪の屋台骨を支える遠藤と今野が疲弊していたからです」と某サッカー記者。

「J2・42節はJ1・34節よりも長丁場。加えて技術レベルが低い分、運動量とフィジカルが幅をきかせ、遠藤がムチャ走りを強いられたり、今野が執拗なアタックを受けたり、これに日本代表の日程が加わって疲労困憊(こんぱい)、満身創痍(そうい)だった。下位とのカードは遠藤、今野抜きでも問題ないが、ホームではチケットの売れ行きにも関わってくるので日本代表の試合や合宿などを理由に数試合ほど欠場しただけ。2人はG大阪でも代表でも今年のパフォーマンスはガタ落ち。明らかな“勤続”疲労です」(前出の記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る