浅田真央 GPシリーズ優勝でも不気味な“キム・ヨナの隠し玉”

公開日:  更新日:

 今季限りで引退を表明している日本の女王が開幕戦で好スタートを切った。 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケート・アメリカ(ミシガン州デトロイト)最終日は20日(日本時間21日)、女子フリープログラム(FP)が行われ、浅田真央(23)が131・37点でトップに立ち、ショートプログラムとの合計204・55点で優勝。これで浅田はファイナルを含めたGP全7戦を制覇し、自身が持つ日本勢最多記録を更新する12勝目を挙げた。

 この日の浅田は序盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足から転倒した。ジャンプでミスが出たものの、高い表現力が評価されて演技構成点で出場選手中トップの69・54点をマークし、2位のアシュリー・ワグナーに大差をつけて圧勝した。

 その浅田のライバルである「女子フィギュアの女王」キム・ヨナ(23=韓国)は右足中足骨を損傷。9月には全治6週間と診断され、すでにGPシリーズ(第2戦のスケート・カナダと第5戦のフランス杯)欠場を決めている。GPはソチ五輪に向けて審判団へのアピールの場でもあるだけに欠場は大きな痛手だが、それでも、浅田の不安は拭えないのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る