浅田真央 GPシリーズ優勝でも不気味な“キム・ヨナの隠し玉”

公開日: 更新日:

 今季限りで引退を表明している日本の女王が開幕戦で好スタートを切った。 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケート・アメリカ(ミシガン州デトロイト)最終日は20日(日本時間21日)、女子フリープログラム(FP)が行われ、浅田真央(23)が131・37点でトップに立ち、ショートプログラムとの合計204・55点で優勝。これで浅田はファイナルを含めたGP全7戦を制覇し、自身が持つ日本勢最多記録を更新する12勝目を挙げた。

 この日の浅田は序盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足から転倒した。ジャンプでミスが出たものの、高い表現力が評価されて演技構成点で出場選手中トップの69・54点をマークし、2位のアシュリー・ワグナーに大差をつけて圧勝した。

 その浅田のライバルである「女子フィギュアの女王」キム・ヨナ(23=韓国)は右足中足骨を損傷。9月には全治6週間と診断され、すでにGPシリーズ(第2戦のスケート・カナダと第5戦のフランス杯)欠場を決めている。GPはソチ五輪に向けて審判団へのアピールの場でもあるだけに欠場は大きな痛手だが、それでも、浅田の不安は拭えないのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る