• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退危機も…右大胸筋断裂で休場 琴奨菊が“号泣”

 力士生命の危機だ。
 九州場所2日目、まさかのアクシデントが大関琴奨菊(29)を襲った。この日の相手は松鳳山。土俵際に追い詰め、最後のひと押しという場面で松鳳山が起死回生のすくい投げを打った。琴奨菊は右脇を大きく開かされたまま、共に土俵下に転落。軍配は琴奨菊に上がったものの、本人は土俵下で右胸を押さえながら苦悶の表情。何とか土俵に戻り、勝ち名乗りを受けながら紫色に腫れ上がった右胸に手を当てる姿も痛々しかった。

 琴奨菊は花道を引き揚げると、風呂場に直行。周囲が固唾をのんで見守る中、涙を流しながら風呂場から出てきた琴奨菊の右腕は三角巾で吊られていた。報道陣は恐る恐る質問をしたが、タオルで顔を覆い号泣。その後は福岡市内の病院に直行、診察を受けた。

 12日、「右大胸筋断裂で全治3カ月の見込み」との診断書を出し琴奨菊は休場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る