引退危機も…右大胸筋断裂で休場 琴奨菊が“号泣”

公開日: 更新日:

 力士生命の危機だ。
 九州場所2日目、まさかのアクシデントが大関琴奨菊(29)を襲った。この日の相手は松鳳山。土俵際に追い詰め、最後のひと押しという場面で松鳳山が起死回生のすくい投げを打った。琴奨菊は右脇を大きく開かされたまま、共に土俵下に転落。軍配は琴奨菊に上がったものの、本人は土俵下で右胸を押さえながら苦悶の表情。何とか土俵に戻り、勝ち名乗りを受けながら紫色に腫れ上がった右胸に手を当てる姿も痛々しかった。

 琴奨菊は花道を引き揚げると、風呂場に直行。周囲が固唾をのんで見守る中、涙を流しながら風呂場から出てきた琴奨菊の右腕は三角巾で吊られていた。報道陣は恐る恐る質問をしたが、タオルで顔を覆い号泣。その後は福岡市内の病院に直行、診察を受けた。

 12日、「右大胸筋断裂で全治3カ月の見込み」との診断書を出し琴奨菊は休場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

  10. 10

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

もっと見る