引退危機も…右大胸筋断裂で休場 琴奨菊が“号泣”

公開日: 更新日:

 力士生命の危機だ。
 九州場所2日目、まさかのアクシデントが大関琴奨菊(29)を襲った。この日の相手は松鳳山。土俵際に追い詰め、最後のひと押しという場面で松鳳山が起死回生のすくい投げを打った。琴奨菊は右脇を大きく開かされたまま、共に土俵下に転落。軍配は琴奨菊に上がったものの、本人は土俵下で右胸を押さえながら苦悶の表情。何とか土俵に戻り、勝ち名乗りを受けながら紫色に腫れ上がった右胸に手を当てる姿も痛々しかった。

 琴奨菊は花道を引き揚げると、風呂場に直行。周囲が固唾をのんで見守る中、涙を流しながら風呂場から出てきた琴奨菊の右腕は三角巾で吊られていた。報道陣は恐る恐る質問をしたが、タオルで顔を覆い号泣。その後は福岡市内の病院に直行、診察を受けた。

 12日、「右大胸筋断裂で全治3カ月の見込み」との診断書を出し琴奨菊は休場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る