引退危機も…右大胸筋断裂で休場 琴奨菊が“号泣”

公開日:  更新日:

 力士生命の危機だ。
 九州場所2日目、まさかのアクシデントが大関琴奨菊(29)を襲った。この日の相手は松鳳山。土俵際に追い詰め、最後のひと押しという場面で松鳳山が起死回生のすくい投げを打った。琴奨菊は右脇を大きく開かされたまま、共に土俵下に転落。軍配は琴奨菊に上がったものの、本人は土俵下で右胸を押さえながら苦悶の表情。何とか土俵に戻り、勝ち名乗りを受けながら紫色に腫れ上がった右胸に手を当てる姿も痛々しかった。

 琴奨菊は花道を引き揚げると、風呂場に直行。周囲が固唾をのんで見守る中、涙を流しながら風呂場から出てきた琴奨菊の右腕は三角巾で吊られていた。報道陣は恐る恐る質問をしたが、タオルで顔を覆い号泣。その後は福岡市内の病院に直行、診察を受けた。

 12日、「右大胸筋断裂で全治3カ月の見込み」との診断書を出し琴奨菊は休場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る