• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大関昇進もお金に固執 照ノ富士を奮い立たせる“家庭の事情”

「今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して精進致します」

 27日、大関に昇進した照ノ富士(23)が伝達式の使者を迎えて口上を述べた。本人は「(多くの報道陣に)緊張した」と照れ笑い。一体、どんな力士なのか。

 出身はモンゴルのウランバートル。09年に鳥取城北高校に相撲留学し、10年に間垣部屋に入門。「若三勝」と名乗っていた当初は幕下であえいでいたが、13年に間垣部屋が消滅して伊勢ケ浜部屋に移籍するとメキメキ成長した。14年3月場所の新入幕から、大関昇進までわずか8場所だ。

 付け人を務める登富士は「何でも教えてくれる人です」とこう続ける。

「例えばどんなトレーニング方法がいいか、ここを鍛えたらこうなるぞ、とか一つ一つ丁寧に教えてくれるんです。僕はまだ付け人になって2カ月ですけど、入門した時から親切にしてくれた。当時から、付け人になるなら照ノ富士関がいい、と思っていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る