大関昇進もお金に固執 照ノ富士を奮い立たせる“家庭の事情”

公開日:  更新日:

「今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して精進致します」

 27日、大関に昇進した照ノ富士(23)が伝達式の使者を迎えて口上を述べた。本人は「(多くの報道陣に)緊張した」と照れ笑い。一体、どんな力士なのか。

 出身はモンゴルのウランバートル。09年に鳥取城北高校に相撲留学し、10年に間垣部屋に入門。「若三勝」と名乗っていた当初は幕下であえいでいたが、13年に間垣部屋が消滅して伊勢ケ浜部屋に移籍するとメキメキ成長した。14年3月場所の新入幕から、大関昇進までわずか8場所だ。

 付け人を務める登富士は「何でも教えてくれる人です」とこう続ける。

「例えばどんなトレーニング方法がいいか、ここを鍛えたらこうなるぞ、とか一つ一つ丁寧に教えてくれるんです。僕はまだ付け人になって2カ月ですけど、入門した時から親切にしてくれた。当時から、付け人になるなら照ノ富士関がいい、と思っていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る