• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大関昇進もお金に固執 照ノ富士を奮い立たせる“家庭の事情”

「今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して精進致します」

 27日、大関に昇進した照ノ富士(23)が伝達式の使者を迎えて口上を述べた。本人は「(多くの報道陣に)緊張した」と照れ笑い。一体、どんな力士なのか。

 出身はモンゴルのウランバートル。09年に鳥取城北高校に相撲留学し、10年に間垣部屋に入門。「若三勝」と名乗っていた当初は幕下であえいでいたが、13年に間垣部屋が消滅して伊勢ケ浜部屋に移籍するとメキメキ成長した。14年3月場所の新入幕から、大関昇進までわずか8場所だ。

 付け人を務める登富士は「何でも教えてくれる人です」とこう続ける。

「例えばどんなトレーニング方法がいいか、ここを鍛えたらこうなるぞ、とか一つ一つ丁寧に教えてくれるんです。僕はまだ付け人になって2カ月ですけど、入門した時から親切にしてくれた。当時から、付け人になるなら照ノ富士関がいい、と思っていましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る