大相撲九州場所 ケガの遠藤を“強行出場”させる角界懐事情

公開日:  更新日:

 今後の相撲人生を大きく左右する場所になりそうだ。
 10日から開幕する大相撲九州場所。ケガを押して強行出場するのが入幕2場所目の遠藤(23)だ。

 8日の午前中に取組編成会議が行われ、遠藤は初日、豊響との対戦が決まった。

 先場所中に左足首を捻挫。巡業も休まずに参加したため治療に専念できず、剥離骨折とアキレス腱炎も判明した。現在も「痛みが引かない」と話す。それでも遠藤は「大丈夫」と言い、師匠の追手風親方(元幕内大翔山)も「相撲を取れているので何とかなる。本場所で勝てばいい薬になる」と楽観的だ。

 史上最速の入門4場所目となる秋場所で新入幕を果たした遠藤は、久々に現れた日本人力士のホープ。ケガが悪化すれば、それこそ角界にとって大損失だ。休場なら十両転落は免れないが、本来なら師匠が「休め」というのが筋ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る