大相撲九州場所 ケガの遠藤を“強行出場”させる角界懐事情

公開日: 更新日:

 今後の相撲人生を大きく左右する場所になりそうだ。
 10日から開幕する大相撲九州場所。ケガを押して強行出場するのが入幕2場所目の遠藤(23)だ。

 8日の午前中に取組編成会議が行われ、遠藤は初日、豊響との対戦が決まった。

 先場所中に左足首を捻挫。巡業も休まずに参加したため治療に専念できず、剥離骨折とアキレス腱炎も判明した。現在も「痛みが引かない」と話す。それでも遠藤は「大丈夫」と言い、師匠の追手風親方(元幕内大翔山)も「相撲を取れているので何とかなる。本場所で勝てばいい薬になる」と楽観的だ。

 史上最速の入門4場所目となる秋場所で新入幕を果たした遠藤は、久々に現れた日本人力士のホープ。ケガが悪化すれば、それこそ角界にとって大損失だ。休場なら十両転落は免れないが、本来なら師匠が「休め」というのが筋ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る