現地リポート「ベルギーは本気で日本を叩きつぶしにくる」

公開日:  更新日:

 かつて日本代表FW鈴木隆行の所属したゲンクは田舎町のためにホテルが少なく、オランダ戦の前日は特急列車で15分ほどブリュッセル寄りのハッセルトという街に泊まった。試合当日、ブリュッセルから来た列車に乗り込むと車両は日本人サポーターと取材陣でほぼ満席。ケルン(ドイツ)駐在1年目で初めて日本代表戦を観戦する若夫婦は「これだけ日本語が飛び交っている光景は初めて」と驚いていた。

 オランダ戦の1失点目がDF内田の判断ミス。2失点目は相手FWロッベンの防ぎようのない鮮やかなゴール。強豪国と対戦したら日本は「高さ」「フィジカルの強さ」「カウンターのうまさ」で劣るだけに無失点で切り抜けるのは至難の業。日本には、守りを固めて1―0で逃げ切る“サッカー文化”がないことをザッケローニ監督は就任3年目にして痛感している。そこで「攻守のバランスを保つ」「コンパクトな陣形からアグレッシブに攻める」「球際の強さ」を要求するようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る