「CL出場日本人最多」でもシャルケ内田は“代表サブ”降格危機

公開日: 更新日:

 シャルケ(ドイツ)のDF内田篤人が、日本時間7日未明に行われたCLグループE組チェルシー戦に先発出場。日本人選手のCL出場最多出場記録を、20の大台に乗せた。

 ところが、プレー内容も試合結果も散々だった。序盤から相対するFWシュールレのスピードに翻弄され、持ち味の攻撃参加も数えるほど。シュートにつながるクロスを入れたのは、前半5分に右サイドからグラウンダーのパスを送り、MFドラクスラーの左ポスト外の惜しいシュートをお膳立てしたシーンだけ。あとは不得手の守備に奔走するか、マイボールを横や後ろの味方に預けるのがやっと。攻守に精彩を欠き、0―3完封負けの“戦犯”のひとりとなった。

 こうしたシャルケでのパフォーマンス低下は、「日本代表の内田」にとっても死活問題になってくる。

 ザッケローニ日本代表監督は、<コンスタントにCLに出場している日本人選手は内田だけ。その得がたい経験をフィードバックして欲しい>が口癖。 つまり、CLにレギュラーとして出場し、そこそこのプレーをしているからこそ、内田は日本代表のレギュラーとしてプレーできているということ。今後もCLでふがいないプレーが続くと、代表での評価急落に直結し、代表サブ降格の可能性も十分にある。

 端正なマスクで女性人気も高いが、ウカウカしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る