• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島ドラフト2位・九里亜蓮を襲う「東都のジンクス」

 20日、神宮大会決勝戦で明治大学を破り、7年ぶりの優勝を果たした亜細亜大学。先発として5回無失点に抑えたのが、広島ドラ2の九里亜蓮(22)だ。昨年の神宮大会では準決勝で敗戦投手になっただけに、「うれしい。ただそれだけです」と、感慨もひとしおだった。

 とはいえ、九里の真価が問われるのはこれから。近年、東都大学リーグから直接プロ入りした投手は活躍できない傾向がある。九里の先輩である東浜も昨年ドラフトで3球団競合の末、ソフトバンクに入団したものの今季は3勝1敗止まり。07年大学・社会人ドラフトで6球団が奪い合った東洋大の大場(ソフトバンク)も、プロ通算6年で15勝21敗だ。中大の沢村(巨人)も先発した3年間で通算26勝31敗。今季途中、原監督に先発失格の烙印を押され、中継ぎに回された。

 プロのスカウトの多くは「東都は打者のレベルが低いので投手も過大評価されやすい」と口を揃える。九里は先輩たちの同じ轍を踏まず、大成できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る