広島ドラフト2位・九里亜蓮を襲う「東都のジンクス」

公開日: 更新日:

 20日、神宮大会決勝戦で明治大学を破り、7年ぶりの優勝を果たした亜細亜大学。先発として5回無失点に抑えたのが、広島ドラ2の九里亜蓮(22)だ。昨年の神宮大会では準決勝で敗戦投手になっただけに、「うれしい。ただそれだけです」と、感慨もひとしおだった。

 とはいえ、九里の真価が問われるのはこれから。近年、東都大学リーグから直接プロ入りした投手は活躍できない傾向がある。九里の先輩である東浜も昨年ドラフトで3球団競合の末、ソフトバンクに入団したものの今季は3勝1敗止まり。07年大学・社会人ドラフトで6球団が奪い合った東洋大の大場(ソフトバンク)も、プロ通算6年で15勝21敗だ。中大の沢村(巨人)も先発した3年間で通算26勝31敗。今季途中、原監督に先発失格の烙印を押され、中継ぎに回された。

 プロのスカウトの多くは「東都は打者のレベルが低いので投手も過大評価されやすい」と口を揃える。九里は先輩たちの同じ轍を踏まず、大成できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る