広島ドラフト2位・九里亜蓮を襲う「東都のジンクス」

公開日:  更新日:

 20日、神宮大会決勝戦で明治大学を破り、7年ぶりの優勝を果たした亜細亜大学。先発として5回無失点に抑えたのが、広島ドラ2の九里亜蓮(22)だ。昨年の神宮大会では準決勝で敗戦投手になっただけに、「うれしい。ただそれだけです」と、感慨もひとしおだった。

 とはいえ、九里の真価が問われるのはこれから。近年、東都大学リーグから直接プロ入りした投手は活躍できない傾向がある。九里の先輩である東浜も昨年ドラフトで3球団競合の末、ソフトバンクに入団したものの今季は3勝1敗止まり。07年大学・社会人ドラフトで6球団が奪い合った東洋大の大場(ソフトバンク)も、プロ通算6年で15勝21敗だ。中大の沢村(巨人)も先発した3年間で通算26勝31敗。今季途中、原監督に先発失格の烙印を押され、中継ぎに回された。

 プロのスカウトの多くは「東都は打者のレベルが低いので投手も過大評価されやすい」と口を揃える。九里は先輩たちの同じ轍を踏まず、大成できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る