広島は頭が痛い 「大竹バブル」で加速するマエケンのメジャー行き

公開日:  更新日:

「いくら何でも評価が高すぎ。ウチの選手にも悪影響が出ますよ」

 広島関係者がこう呆れるのが、12日にFA宣言した・大竹寛(30)のこと。各球団が予想外ともいえる争奪戦を繰り広げているからである。

 大竹がFA権行使を表明した直後に、ソフトバンクの王会長が「いい人が(FAの)手を挙げてくれた」と話せば、巨人・原沢球団代表兼GMも「先発の穴を埋めていく候補」と発言。楽天の安部井スカウト部部長は「十分な調査はしている。高く評価している」とベタ褒め、早くも長期複数年契約を提示する構えを見せている。

 大竹は今季、2年連続2ケタ勝利となる10勝をマーク。チームの16年ぶりのAクラス入りに貢献したのは事実だが、その一方で10敗している。実質“貯金”は「ゼロ」で、プロ12年でのシーズン最多勝利も2012年の11勝止まり。タイトルとも無縁。過去には何度も右肩を故障した。そんな投手に複数球団が群がるのだから、広島の投手陣が、「オレたちももっと評価されていいんじゃないか」と思っても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る