広島は頭が痛い 「大竹バブル」で加速するマエケンのメジャー行き

公開日: 更新日:

「いくら何でも評価が高すぎ。ウチの選手にも悪影響が出ますよ」

 広島関係者がこう呆れるのが、12日にFA宣言した・大竹寛(30)のこと。各球団が予想外ともいえる争奪戦を繰り広げているからである。

 大竹がFA権行使を表明した直後に、ソフトバンクの王会長が「いい人が(FAの)手を挙げてくれた」と話せば、巨人・原沢球団代表兼GMも「先発の穴を埋めていく候補」と発言。楽天の安部井スカウト部部長は「十分な調査はしている。高く評価している」とベタ褒め、早くも長期複数年契約を提示する構えを見せている。

 大竹は今季、2年連続2ケタ勝利となる10勝をマーク。チームの16年ぶりのAクラス入りに貢献したのは事実だが、その一方で10敗している。実質“貯金”は「ゼロ」で、プロ12年でのシーズン最多勝利も2012年の11勝止まり。タイトルとも無縁。過去には何度も右肩を故障した。そんな投手に複数球団が群がるのだから、広島の投手陣が、「オレたちももっと評価されていいんじゃないか」と思っても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る