楽天マギーの去就報道 なぜスポーツ紙は真っ二つ?

公開日: 更新日:

 楽天の助っ人・マギー(31)の去就問題を巡りメディアの情報が真っ二つに割れている。

 先週末、某スポーツ紙が、「残留の方向」と報じれば、別のスポーツ紙は同じ日に「交渉難航」と伝えた。

 普通に考えれば、どちらかが間違っていることになる。ところが、今回のマギーに限って言えば、そうならない。「現時点で」という注釈を付け加えれば、実はどちらも正しいと解釈できるからだ。

 外国人選手に詳しいあるチーム関係者が言う。
「マギーとは複数年契約で合意寸前なのは確か。しかし、出来高などの細部の条件で駆け引きが続いているのです。この背景にはマー君のメジャー移籍が絡んでいる。マギーの代理人はマー君の動き次第で契約条件が一層よくなると踏んでいるのです」

 田中がポスティングでメジャー移籍すれば、楽天には多額の入札金が入る。そうなれば、来季のチーム補強費も増額され、結果的にマギーの年俸も上積みされる可能性が高くなる。今季、打率.292、28本塁打、93打点でジョーンズと共に日本一に貢献したマギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る