なぜ「正力賞」は田中投手ではなく星野監督なのか

公開日: 更新日:

 異議あり! というファンも多いだろう。11日、都内で「正力松太郎賞」の選考委員会が開かれ、楽天の星野仙一監督(66)の受賞が決定。レギュラーシーズンで24勝無敗という空前絶後の記録を残した田中将大(25)には、特別賞を贈ることで落ち着いた。

「東日本大震災があってから、星野監督は先頭に立って戦ってきた。指揮官としての頑張りは、正力賞に一番値する」

 とは、王貞治選考委員長の弁。星野監督か、田中か、はたまた、シーズン最多本塁打記録を塗り替えたヤクルトのバレンティンか……。選考には昨年の3倍の時間を要し、結局、「3年目の正直で日本一になり、地元の皆さんに感動を与えた」(王委員長)ことが決め手になったという。

 しかし、楽天が球団創設9年目で初の日本一になったのも、ひとりで24もの貯金をつくった田中の快投があってこそ。東北の野球ファン、全国の野球ファンの注目を一身に集め、勝ち続けることで感動を与えた。そもそも「正力松太郎賞」は、その年のプロ野球の発展に貢献した監督、選手に贈られる賞。趣旨からいっても田中が最もふさわしいのではないか。それがいつの間にか、日本一監督に贈られる「最優秀監督賞」のようになっている。

 選考委員は王貞治、杉下茂、中西太、山本浩二のOB4氏に野球ジャーナリストの田口雅雄氏の計5人。杉下氏と山本氏は特に星野監督とは深い縁がある。慣例重視の選考に情実まで働いたとしたら、正力賞に傷がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る