なぜ「正力賞」は田中投手ではなく星野監督なのか

公開日: 更新日:

 異議あり! というファンも多いだろう。11日、都内で「正力松太郎賞」の選考委員会が開かれ、楽天星野仙一監督(66)の受賞が決定。レギュラーシーズンで24勝無敗という空前絶後の記録を残した田中将大(25)には、特別賞を贈ることで落ち着いた。

「東日本大震災があってから、星野監督は先頭に立って戦ってきた。指揮官としての頑張りは、正力賞に一番値する」

 とは、王貞治選考委員長の弁。星野監督か、田中か、はたまた、シーズン最多本塁打記録を塗り替えたヤクルトのバレンティンか……。選考には昨年の3倍の時間を要し、結局、「3年目の正直で日本一になり、地元の皆さんに感動を与えた」(王委員長)ことが決め手になったという。

 しかし、楽天が球団創設9年目で初の日本一になったのも、ひとりで24もの貯金をつくった田中の快投があってこそ。東北の野球ファン、全国の野球ファンの注目を一身に集め、勝ち続けることで感動を与えた。そもそも「正力松太郎賞」は、その年のプロ野球の発展に貢献した監督、選手に贈られる賞。趣旨からいっても田中が最もふさわしいのではないか。それがいつの間にか、日本一監督に贈られる「最優秀監督賞」のようになっている。

 選考委員は王貞治、杉下茂、中西太、山本浩二のOB4氏に野球ジャーナリストの田口雅雄氏の計5人。杉下氏と山本氏は特に星野監督とは深い縁がある。慣例重視の選考に情実まで働いたとしたら、正力賞に傷がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る