なぜ「正力賞」は田中投手ではなく星野監督なのか

公開日: 更新日:

 異議あり! というファンも多いだろう。11日、都内で「正力松太郎賞」の選考委員会が開かれ、楽天の星野仙一監督(66)の受賞が決定。レギュラーシーズンで24勝無敗という空前絶後の記録を残した田中将大(25)には、特別賞を贈ることで落ち着いた。

「東日本大震災があってから、星野監督は先頭に立って戦ってきた。指揮官としての頑張りは、正力賞に一番値する」

 とは、王貞治選考委員長の弁。星野監督か、田中か、はたまた、シーズン最多本塁打記録を塗り替えたヤクルトのバレンティンか……。選考には昨年の3倍の時間を要し、結局、「3年目の正直で日本一になり、地元の皆さんに感動を与えた」(王委員長)ことが決め手になったという。

 しかし、楽天が球団創設9年目で初の日本一になったのも、ひとりで24もの貯金をつくった田中の快投があってこそ。東北の野球ファン、全国の野球ファンの注目を一身に集め、勝ち続けることで感動を与えた。そもそも「正力松太郎賞」は、その年のプロ野球の発展に貢献した監督、選手に贈られる賞。趣旨からいっても田中が最もふさわしいのではないか。それがいつの間にか、日本一監督に贈られる「最優秀監督賞」のようになっている。

 選考委員は王貞治、杉下茂、中西太、山本浩二のOB4氏に野球ジャーナリストの田口雅雄氏の計5人。杉下氏と山本氏は特に星野監督とは深い縁がある。慣例重視の選考に情実まで働いたとしたら、正力賞に傷がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る