「マー君、残留して…」星野監督や楽天選手はなぜ言わない?

公開日: 更新日:

 少し物分かりが良過ぎるという気もしてくる。田中将大(25)がこのオフ、メジャーに挑戦する可能性に関してだ。

 レベルの高い世界に挑戦したいのは、腕に自信のあるアスリートの本能だ。ファンが田中の夢をかなえてやりたいと思う気持ちは分かる。田中が世界最高峰の舞台で活躍すれば商売になるとソロバンをはじく、マスコミのスケベ心だって理解できる。海外FAでタダで出ていかれるなら、莫大な入札金を手にしたい楽天経営陣のスタンスも納得だ。

<「夢がかなえられるように応援したい」>

 が、どうにも解せないのは星野監督以下、楽天のユニホーム組から「マー君、頼むから球団に残って」という声がまったく聞こえない点。星野監督は球団と田中が話し合う前から、来年はいないかもしれないと公言している。

 シーズンを24勝負けなしで終えた大エースが抜ければ、現場は大きなダメージを受ける。来季のチームの成績が振るわなければ、割を食うのは指揮官であり、選手たちだ。にもかかわらず、「夢がかなえられるように応援したい」なんてファン目線の選手までいるのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る