• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

涌井獲得でも外野手だけは…ロッテを悩ますFA補償問題

「お金の方がいいんですけど……」

 ロッテの林球団本部長が頭を抱えている。FAで獲得する涌井秀章(27)の補償問題である。

 秒読みといわれる入団が正式決定すれば、西武に対して「金銭」、または、「金銭+人的」の補償義務が生じる。ロッテの球団幹部が「金銭だけで済んでくれれば」と言っているのは、ライバル西武の狙いがはっきりしているからだろう。

「西武は現在、栗山、秋山に次ぐ3人目の外野手補強が急務。涌井流出の見返りとして『精鋭ぞろい』といわれるロッテの外野手を人的補償で狙っているのは間違いない。ロッテには清田、サブロー、伊志嶺、荻野貴、角中に岡田と他球団でも即レギュラーという外野手が6人もいる。仮にバックアップの清田、伊志嶺が欠けても戦力的には大きな痛手にはならないと思うかもしれないが、ライバルの西武にみすみす補強ポイントを埋めさせることになればこれは大きな痛手。ロッテがプロテクトできるのは外国人と新人を除く28選手。球団内では外野手6人をすべてプロテクトするという案も出ているようです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る