涌井獲得でも外野手だけは…ロッテを悩ますFA補償問題

公開日:  更新日:

「お金の方がいいんですけど……」

 ロッテの林球団本部長が頭を抱えている。FAで獲得する涌井秀章(27)の補償問題である。

 秒読みといわれる入団が正式決定すれば、西武に対して「金銭」、または、「金銭+人的」の補償義務が生じる。ロッテの球団幹部が「金銭だけで済んでくれれば」と言っているのは、ライバル西武の狙いがはっきりしているからだろう。

「西武は現在、栗山、秋山に次ぐ3人目の外野手補強が急務。涌井流出の見返りとして『精鋭ぞろい』といわれるロッテの外野手を人的補償で狙っているのは間違いない。ロッテには清田、サブロー、伊志嶺、荻野貴、角中に岡田と他球団でも即レギュラーという外野手が6人もいる。仮にバックアップの清田、伊志嶺が欠けても戦力的には大きな痛手にはならないと思うかもしれないが、ライバルの西武にみすみす補強ポイントを埋めさせることになればこれは大きな痛手。ロッテがプロテクトできるのは外国人と新人を除く28選手。球団内では外野手6人をすべてプロテクトするという案も出ているようです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る