涌井獲得でも外野手だけは…ロッテを悩ますFA補償問題

公開日: 更新日:

「お金の方がいいんですけど……」

 ロッテの林球団本部長が頭を抱えている。FAで獲得する涌井秀章(27)の補償問題である。

 秒読みといわれる入団が正式決定すれば、西武に対して「金銭」、または、「金銭+人的」の補償義務が生じる。ロッテの球団幹部が「金銭だけで済んでくれれば」と言っているのは、ライバル西武の狙いがはっきりしているからだろう。

「西武は現在、栗山、秋山に次ぐ3人目の外野手補強が急務。涌井流出の見返りとして『精鋭ぞろい』といわれるロッテの外野手を人的補償で狙っているのは間違いない。ロッテには清田、サブロー、伊志嶺、荻野貴、角中に岡田と他球団でも即レギュラーという外野手が6人もいる。仮にバックアップの清田、伊志嶺が欠けても戦力的には大きな痛手にはならないと思うかもしれないが、ライバルの西武にみすみす補強ポイントを埋めさせることになればこれは大きな痛手。ロッテがプロテクトできるのは外国人と新人を除く28選手。球団内では外野手6人をすべてプロテクトするという案も出ているようです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る