マー君の愛妻・里田まいが米国でも「徹底管理」のプラス作用

公開日: 更新日:

 これが田中には重荷になるどころか、楽なのだという。
 田中は自他共に認めるアイドルおたく。一般的な野球選手と比べて奥手というか、もともとオンナ遊びに血道を上げるタイプではなかった。暇な時間はもっぱらゲームに興じているし、これといって野球以外に打ち込むものがあるわけでもない。

 文化やスタイルの異なる世界に行けばグチもストレスもたまるに決まっているが、メジャーでは選手と一緒に夫人が遠征地に赴くことは珍しくない。里田が望めば、選手と同じチャーター機に搭乗、シーズンを通してチームに帯同することも可能だ。日本以上の「密着マーク」で夫をサポートできるし、田中もくつろげる。

 これが米国に慣れ、新たな楽しみでも見つかれば女房のフォローをうっとうしいと思うかもしれないが、世話好きなカミさんの存在は当分の間、プラスに作用しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る