楽天入団決定 松井裕樹の不安は「カラダ」より「心」

公開日:  更新日:

 その「青写真」がアダになりかねない。
 28日、楽天から1位指名された松井裕樹(18=桐光学園)が川崎市内のホテルで入団交渉。契約金1億円、年俸1500万円、出来高5000万円の最高条件で入団となった。背番号は「1」。これは松井自身が希望したものだ。

 ただ、気がかりなことがある。松井には「1年目からバリバリやってやろう!」という意気込みがない。この日も「新人合同自主トレでケガをしないよう、トレーニングを頑張りたい」と話していた。松井はドラフト当日も、「開幕一軍? その気持ちはあるけど、まだまだだと思う。まずは体づくり」と言っている。

 ある球界OBは「堅実に聞こえるが、そうではない」とこう続ける。
「仮に松井が体力不足だろうと、『1年目は体づくりを中心にじっくりやろう』なんて思うのは間違い。プロ野球は一年一年が勝負の年。他人を蹴落としてでもチャンスを掴もうとするやつらがごろごろいる。1年目から死ぬ気でやらないと、どんどん置いていかれる。来季、松井よりも知名度のある即戦力が入団してくる可能性もあるわけだから」

 松井は現在、楽天からもらった所属選手のオフ用メニューを参考に、学校で同じ3年生と一緒に練習をしている。とはいえ、放課後の練習くらいで体力不足を補えるとも思えない。松井に必要なのは「カラダ」より、1年目から活躍しようという「野心」じゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る