巨人FA補償 「55」から「44」の大田に放出危機

公開日:  更新日:

 巨人の大田泰示(23)が29日、契約交渉し、300万円ダウンの1200万円で更改した。

 今季は31打数5安打で打率.161、0本塁打だった。プロ5年間で放った本塁打はわずか2本。松井秀喜から受け継いだ背番号「55」は“剥奪”され、「44」に変更。「5年間、55番としていろいろな経験の中で成長させてもらった」と話した。といっても、外野の層が厚い巨人では、すでに「構想外」といっていい。

 巨人は広島からFAで大竹を獲得した。広島の松田オーナーは巨人に人的補償を求めることを明言。28人のプロテクトから漏れた選手の中で「ポジションは関係ない。若くていい選手を選ぶ」と話している。

 当落線上の選手を巡る駆け引きは、すでに始まっている。大田はそこにいるとされる。「広島出身で高い身体能力と23歳の若さ。漏れたら取ってくれないかな」と考える巨人の関係者は多い。とはいえ、亀井や松本哲、久保や福田など、実際に狙われそうなのは、一度はブレークして実績を残した選手。いくら「大田はご当地選手ですよ~」とブラ下げようが、「結構です」と見向きもされない可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る