条件高騰の大竹、中田賢は本当にそれほどの選手か?

公開日:  更新日:

「大竹への条件が凄いことになってますね。流出は確実でしょう。それにしても、あの大竹がねえ……。みんな呆れてます」

 広島の球団関係者がこう言って眉をひそめる。広島からFA宣言し、16日にソフトバンクと初交渉した大竹寛(30)。提示された条件は、4年最大で8億円とも10億円ともされる。広島での今季の年俸は1億円だから超破格である。

<巨人の提示額プラス1億円>

 ソフトバンクはさらにとんでもない「ウルトラC」まで用意する。

「これから参戦する予定の巨人の提示額より、さらに1億円を上乗せする、と大竹に約束したという話まで出ています。まるで大エース。こんな超VIP待遇なら、大竹がグラッときてもおかしくはない」(球界関係者)

 ソフトバンクの新任の後藤球団社長は、「基本的には必要な要望に全て応える」といい、今オフの補強費は「青天井」とブチ上げている。これでは宣言残留に淡い期待を抱いている広島など勝負にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る