条件高騰の大竹、中田賢は本当にそれほどの選手か?

公開日: 更新日:

「大竹への条件が凄いことになってますね。流出は確実でしょう。それにしても、あの大竹がねえ……。みんな呆れてます」

 広島の球団関係者がこう言って眉をひそめる。広島からFA宣言し、16日にソフトバンクと初交渉した大竹寛(30)。提示された条件は、4年最大で8億円とも10億円ともされる。広島での今季の年俸は1億円だから超破格である。

巨人の提示額プラス1億円>

 ソフトバンクはさらにとんでもない「ウルトラC」まで用意する。

「これから参戦する予定の巨人の提示額より、さらに1億円を上乗せする、と大竹に約束したという話まで出ています。まるで大エース。こんな超VIP待遇なら、大竹がグラッときてもおかしくはない」(球界関係者)

 ソフトバンクの新任の後藤球団社長は、「基本的には必要な要望に全て応える」といい、今オフの補強費は「青天井」とブチ上げている。これでは宣言残留に淡い期待を抱いている広島など勝負にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る