ソフトバンク1位指名・加治屋蓮が乗り越えた「母の不幸」

公開日: 更新日:

■ゲームよりカブトムシ

「1位指名なんて想像もしていませんでしたからね。今でも朝起きたら、『これ夢じゃないやろね?』という感じですよ。(ドラフト直後の)3、4日間は、自分が事故にあって見ている夢じゃないか、なんて思ってましたから」

 ソフトバンクのドラ1投手・加治屋蓮(22)の父・博樹さん(43)がこう言って苦笑いする。

 宮崎県の最南端に位置する串間市は、東部は日向灘、南部は志布志湾に面する。東西を山に挟まれ、中央を流れる川から水を引いた水田が一面に広がる町で加治屋は生まれた。

「川に行って泳いだり、魚を釣ったり、川エビを捕ったり。カブト虫やクワガタもよく捕りましたね。ゲームセンターもなかったもんで、中学校でも友達と遊ぶ時はサッカーとか野球とか……とにかく体を動かしていました」(加治屋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  3. 3

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  4. 4

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  5. 5

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  6. 6

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  7. 7

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  8. 8

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  9. 9

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る