複数球団ラブコール “ブルペンエース”の中田賢がなぜFA1番人気?

公開日: 更新日:

 かなりの人気ぶりだ。

 15日から交渉解禁となるFA選手。中でも中日から宣言した中田賢一(31)を巡っては、巨人阪神ソフトバンクヤクルトが獲得に参戦。ソフトバンク、阪神は3~4年の複数年契約を準備し、ヤクルトも球団を挙げての獲得を目指して、背番号「17」を用意している。

 中田は、金銭と人的補償が必要ない「Cランク」選手とみられることが人気の要因のひとつとなっている。しかし、05年から8年間の通算成績は57勝45敗。2ケタ勝利も07年に14勝をマークした1度だけで、今季は4勝7敗、防御率3.40に終わり、一時は先発から降格したこともある。いくら安いからとはいっても、中田クラスの選手が大争奪戦になるのはなぜか。

「中田は、ブルペンでは誰もが惚れ惚れとするボールを投げる。最速153キロの直球はキレも威力も抜群。フォークも武器です。しかし、中日の落合GMが監督時代に『暴れ馬』と評したように、試合になると制球難から自滅するパターンが少なくなかった。最近は制球力も安定してきてはいるが、コントロールに磨きがかかれば、さらなる飛躍を期待できるということ。獲得を目指すチームは、中田を本当の意味で本格化させる自信があるんでしょう」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る