複数球団ラブコール “ブルペンエース”の中田賢がなぜFA1番人気?

公開日:  更新日:

 かなりの人気ぶりだ。

 15日から交渉解禁となるFA選手。中でも中日から宣言した中田賢一(31)を巡っては、巨人、阪神、ソフトバンク、ヤクルトが獲得に参戦。ソフトバンク、阪神は3~4年の複数年契約を準備し、ヤクルトも球団を挙げての獲得を目指して、背番号「17」を用意している。

 中田は、金銭と人的補償が必要ない「Cランク」選手とみられることが人気の要因のひとつとなっている。しかし、05年から8年間の通算成績は57勝45敗。2ケタ勝利も07年に14勝をマークした1度だけで、今季は4勝7敗、防御率3.40に終わり、一時は先発から降格したこともある。いくら安いからとはいっても、中田クラスの選手が大争奪戦になるのはなぜか。

「中田は、ブルペンでは誰もが惚れ惚れとするボールを投げる。最速153キロの直球はキレも威力も抜群。フォークも武器です。しかし、中日の落合GMが監督時代に『暴れ馬』と評したように、試合になると制球難から自滅するパターンが少なくなかった。最近は制球力も安定してきてはいるが、コントロールに磨きがかかれば、さらなる飛躍を期待できるということ。獲得を目指すチームは、中田を本当の意味で本格化させる自信があるんでしょう」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る