複数球団ラブコール “ブルペンエース”の中田賢がなぜFA1番人気?

公開日: 更新日:

 かなりの人気ぶりだ。

 15日から交渉解禁となるFA選手。中でも中日から宣言した中田賢一(31)を巡っては、巨人、阪神、ソフトバンク、ヤクルトが獲得に参戦。ソフトバンク、阪神は3~4年の複数年契約を準備し、ヤクルトも球団を挙げての獲得を目指して、背番号「17」を用意している。

 中田は、金銭と人的補償が必要ない「Cランク」選手とみられることが人気の要因のひとつとなっている。しかし、05年から8年間の通算成績は57勝45敗。2ケタ勝利も07年に14勝をマークした1度だけで、今季は4勝7敗、防御率3.40に終わり、一時は先発から降格したこともある。いくら安いからとはいっても、中田クラスの選手が大争奪戦になるのはなぜか。

「中田は、ブルペンでは誰もが惚れ惚れとするボールを投げる。最速153キロの直球はキレも威力も抜群。フォークも武器です。しかし、中日の落合GMが監督時代に『暴れ馬』と評したように、試合になると制球難から自滅するパターンが少なくなかった。最近は制球力も安定してきてはいるが、コントロールに磨きがかかれば、さらなる飛躍を期待できるということ。獲得を目指すチームは、中田を本当の意味で本格化させる自信があるんでしょう」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る