• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

複数球団ラブコール “ブルペンエース”の中田賢がなぜFA1番人気?

 かなりの人気ぶりだ。

 15日から交渉解禁となるFA選手。中でも中日から宣言した中田賢一(31)を巡っては、巨人、阪神、ソフトバンク、ヤクルトが獲得に参戦。ソフトバンク、阪神は3~4年の複数年契約を準備し、ヤクルトも球団を挙げての獲得を目指して、背番号「17」を用意している。

 中田は、金銭と人的補償が必要ない「Cランク」選手とみられることが人気の要因のひとつとなっている。しかし、05年から8年間の通算成績は57勝45敗。2ケタ勝利も07年に14勝をマークした1度だけで、今季は4勝7敗、防御率3.40に終わり、一時は先発から降格したこともある。いくら安いからとはいっても、中田クラスの選手が大争奪戦になるのはなぜか。

「中田は、ブルペンでは誰もが惚れ惚れとするボールを投げる。最速153キロの直球はキレも威力も抜群。フォークも武器です。しかし、中日の落合GMが監督時代に『暴れ馬』と評したように、試合になると制球難から自滅するパターンが少なくなかった。最近は制球力も安定してきてはいるが、コントロールに磨きがかかれば、さらなる飛躍を期待できるということ。獲得を目指すチームは、中田を本当の意味で本格化させる自信があるんでしょう」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る