今季4勝の中田にソフトバンク「4年10億円」のカラクリ

公開日: 更新日:

 11年には移籍1年目の内川が首位打者、MVPを獲得。チームが日本一になったこともあり、ベースの1億7000万円の倍となる3億4000万円を手にした。しかし、これを毎年続けるのは不可能というものだ。

 さらにソフトバンクはFA選手だからといって優遇はしない。秋山監督の方針の下、選手はベテランも若手も横一線。ソフトバンクは先発陣が手薄とはいえ先発争いに負けたら二軍落ちやリリーフへの配置転換もある。

 地元福岡の球団から三顧の礼で迎えられた中田だが、安心するのはまだ早い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る