FAで大激突 巨人がソフトバンクに負けられない理由

公開日: 更新日:

<電光石火の破格条件提示>

 今年のFA戦線は巨人ソフトバンクのメンツをかけた争いになる。

 両球団はFA宣言した中日の中田賢一(31)、広島大竹寛(30)の2投手の獲得を狙う。交渉解禁となった15日、早速攻勢をかけたのはソフトバンクの方だった。

 名古屋市内のホテルで中田と初交渉。小川編成・育成部長は「どこにも負けない条件を提示した」と胸を張り、中田も「頑張っただけ評価してもらえる金額提示をしていただいた」と納得の表情を見せた。福岡出身だけに「地元というのはもちろんある」と一歩も二歩もリードした格好。巨人は苦戦が必至な情勢だ。

 大竹も16日にソフトバンクと広島市内で1回目の交渉を行うことが決定。連日のアタック攻勢に加え、中田と同様の4年最大10億円の破格条件を用意しているといわれ、巨人は後手に回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る