• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FAで大激突 巨人がソフトバンクに負けられない理由

<電光石火の破格条件提示>

 今年のFA戦線は巨人とソフトバンクのメンツをかけた争いになる。

 両球団はFA宣言した中日の中田賢一(31)、広島の大竹寛(30)の2投手の獲得を狙う。交渉解禁となった15日、早速攻勢をかけたのはソフトバンクの方だった。

 名古屋市内のホテルで中田と初交渉。小川編成・育成部長は「どこにも負けない条件を提示した」と胸を張り、中田も「頑張っただけ評価してもらえる金額提示をしていただいた」と納得の表情を見せた。福岡出身だけに「地元というのはもちろんある」と一歩も二歩もリードした格好。巨人は苦戦が必至な情勢だ。

 大竹も16日にソフトバンクと広島市内で1回目の交渉を行うことが決定。連日のアタック攻勢に加え、中田と同様の4年最大10億円の破格条件を用意しているといわれ、巨人は後手に回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る