ソフトバンクが密かに狙う、FA人的補償で「松中リストラ」

公開日: 更新日:

 ストーブリーグでソフトバンクの勢いが止まらない。すでに、FA宣言している日本ハム・鶴岡慎也(32)の「一本釣り」をほぼ確定させ、16日には広島からFAした大竹寛(30)と初交渉。出来高払いを含め、4年最大10億円という好条件を提示した。

 今季、チームは08年の最下位以来、5年ぶりのBクラスに終わり、本業のライバルの楽天には日本一を奪われた。今回の大型補強はこの屈辱を晴らすための孫オーナーによる大号令といわれるが、その裏にもうひとつ、隠された「思惑」があるという。地元放送関係者がこう話す。

「実は、FAの人的補償で松中(信彦=39)を追い出せないかとの声が内部で上がっているんです」

 松中は今季交流戦終了直後の6月、起用法を巡って秋山監督と衝突。チームの交流戦優勝が決まった直後には、優勝セレモニーをボイコットした。この行動に秋山監督は激怒。そのまま無期限の二軍調整を課し、松中は引退濃厚といわれた。しかし、本人はシーズン終了後に「来季もやりたい」と現役続行を明言。球団は04年に三冠王に輝くなど実績あるベテラン生え抜き選手を“クビ”にすることは難しい。そこで、昨年の寺原の移籍時と同様、FA補強による人的補償を使って、他球団に引き取ってもらいたいというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る