ソフトバンクが密かに狙う、FA人的補償で「松中リストラ」

公開日: 更新日:

 ストーブリーグでソフトバンクの勢いが止まらない。すでに、FA宣言している日本ハム・鶴岡慎也(32)の「一本釣り」をほぼ確定させ、16日には広島からFAした大竹寛(30)と初交渉。出来高払いを含め、4年最大10億円という好条件を提示した。

 今季、チームは08年の最下位以来、5年ぶりのBクラスに終わり、本業のライバルの楽天には日本一を奪われた。今回の大型補強はこの屈辱を晴らすための孫オーナーによる大号令といわれるが、その裏にもうひとつ、隠された「思惑」があるという。地元放送関係者がこう話す。

「実は、FAの人的補償で松中(信彦=39)を追い出せないかとの声が内部で上がっているんです」

 松中は今季交流戦終了直後の6月、起用法を巡って秋山監督と衝突。チームの交流戦優勝が決まった直後には、優勝セレモニーをボイコットした。この行動に秋山監督は激怒。そのまま無期限の二軍調整を課し、松中は引退濃厚といわれた。しかし、本人はシーズン終了後に「来季もやりたい」と現役続行を明言。球団は04年に三冠王に輝くなど実績あるベテラン生え抜き選手を“クビ”にすることは難しい。そこで、昨年の寺原の移籍時と同様、FA補強による人的補償を使って、他球団に引き取ってもらいたいというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る