• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天「マー君移籍に尻込み」の裏にある“ソロバン勘定”

 本人はメジャーに挑戦したいし、オーナーも若い人のチャレンジは結構なことと話していた。そのためには一日も早い新入札制度(ポスティングシステム)の成立が不可欠。日米間の合意を、だれよりも待ち望んでいたのは田中将大(25)本人であり、所属球団の楽天だった。

 今月9日(日本時間10日)には米国のウインターミーティングが開幕する。楽天のフロント幹部は移籍市場が本格的に動き出す前に制度を成立させて欲しいと話していたらしいが、ここにきて雲行きがガラリと変わった。

■上限「20億円」と聞いたとたん…

 日本野球機構(NPB)の幹部が先週渡米、制度成立に向け奔走したものの、話し合いは物別れに。合意どころか、米国側からは入札金に20億円の上限を設ける提案まであった。楽天のフロント上層部はこの「20億円」という金額を耳にしたとたん、制度成立に向けたそれまでの積極姿勢がトーンダウン。日米交渉の推移をじっくりと見守り、他の11球団と話をしながら結論を出していけばいい、必ずしも急いで決める必要はないと言い出したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る