楽天「マー君移籍に尻込み」の裏にある“ソロバン勘定”

公開日:  更新日:

 本人はメジャーに挑戦したいし、オーナーも若い人のチャレンジは結構なことと話していた。そのためには一日も早い新入札制度(ポスティングシステム)の成立が不可欠。日米間の合意を、だれよりも待ち望んでいたのは田中将大(25)本人であり、所属球団の楽天だった。

 今月9日(日本時間10日)には米国のウインターミーティングが開幕する。楽天のフロント幹部は移籍市場が本格的に動き出す前に制度を成立させて欲しいと話していたらしいが、ここにきて雲行きがガラリと変わった。

■上限「20億円」と聞いたとたん…

 日本野球機構(NPB)の幹部が先週渡米、制度成立に向け奔走したものの、話し合いは物別れに。合意どころか、米国側からは入札金に20億円の上限を設ける提案まであった。楽天のフロント上層部はこの「20億円」という金額を耳にしたとたん、制度成立に向けたそれまでの積極姿勢がトーンダウン。日米交渉の推移をじっくりと見守り、他の11球団と話をしながら結論を出していけばいい、必ずしも急いで決める必要はないと言い出したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る