楽天「マー君移籍に尻込み」の裏にある“ソロバン勘定”

公開日: 更新日:

 本人はメジャーに挑戦したいし、オーナーも若い人のチャレンジは結構なことと話していた。そのためには一日も早い新入札制度(ポスティングシステム)の成立が不可欠。日米間の合意を、だれよりも待ち望んでいたのは田中将大(25)本人であり、所属球団の楽天だった。

 今月9日(日本時間10日)には米国のウインターミーティングが開幕する。楽天のフロント幹部は移籍市場が本格的に動き出す前に制度を成立させて欲しいと話していたらしいが、ここにきて雲行きがガラリと変わった。

■上限「20億円」と聞いたとたん…

 日本野球機構(NPB)の幹部が先週渡米、制度成立に向け奔走したものの、話し合いは物別れに。合意どころか、米国側からは入札金に20億円の上限を設ける提案まであった。楽天のフロント上層部はこの「20億円」という金額を耳にしたとたん、制度成立に向けたそれまでの積極姿勢がトーンダウン。日米交渉の推移をじっくりと見守り、他の11球団と話をしながら結論を出していけばいい、必ずしも急いで決める必要はないと言い出したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る