楽天「マー君移籍に尻込み」の裏にある“ソロバン勘定”

公開日: 更新日:

 本人はメジャーに挑戦したいし、オーナーも若い人のチャレンジは結構なことと話していた。そのためには一日も早い新入札制度(ポスティングシステム)の成立が不可欠。日米間の合意を、だれよりも待ち望んでいたのは田中将大(25)本人であり、所属球団の楽天だった。

 今月9日(日本時間10日)には米国のウインターミーティングが開幕する。楽天のフロント幹部は移籍市場が本格的に動き出す前に制度を成立させて欲しいと話していたらしいが、ここにきて雲行きがガラリと変わった。

■上限「20億円」と聞いたとたん…

 日本野球機構(NPB)の幹部が先週渡米、制度成立に向け奔走したものの、話し合いは物別れに。合意どころか、米国側からは入札金に20億円の上限を設ける提案まであった。楽天のフロント上層部はこの「20億円」という金額を耳にしたとたん、制度成立に向けたそれまでの積極姿勢がトーンダウン。日米交渉の推移をじっくりと見守り、他の11球団と話をしながら結論を出していけばいい、必ずしも急いで決める必要はないと言い出したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ