• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6600万円超? 巨人・菅野は“安定感”で上原超え!?

「さすが巨人」と他球団の選手はため息をついている。西村の年俸が1億円アップし、村田が3年10億円の大型契約。山口が3億2000万円と、この数日だけでも浮世離れした数字がポンポン飛び交っているのだ。

 注目されるのは週明けの9日に契約更改交渉が予定されている新人の菅野智之(24)。新人王はヤクルトの小川に譲ったものの、連敗が一度もない安定感で13勝6敗。日本シリーズでは楽天の田中にも投げ勝った。年俸1500万円から、いくらアップするのか。

 同僚の沢村の新人時代は11勝11敗で投球回数が200イニングに到達して新人王を獲得。2年目は5500万円だった。そして、新人で20勝を挙げ、最多勝や沢村賞などのタイトルを総なめした上原(現レッドソックス)の6600万円も目安になる。1年の浪人生活と原監督の甥っ子という重圧をはねのけた「査定」も加味されるともっぱらで、上原超えも十分ありえるというのだ。

 菅野が「巨人に入って良かったなあ」と本当に実感するのは、サインする瞬間かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る