6600万円超? 巨人・菅野は“安定感”で上原超え!?

公開日: 更新日:

「さすが巨人」と他球団の選手はため息をついている。西村の年俸が1億円アップし、村田が3年10億円の大型契約。山口が3億2000万円と、この数日だけでも浮世離れした数字がポンポン飛び交っているのだ。

 注目されるのは週明けの9日に契約更改交渉が予定されている新人の菅野智之(24)。新人王はヤクルトの小川に譲ったものの、連敗が一度もない安定感で13勝6敗。日本シリーズでは楽天の田中にも投げ勝った。年俸1500万円から、いくらアップするのか。

 同僚の沢村の新人時代は11勝11敗で投球回数が200イニングに到達して新人王を獲得。2年目は5500万円だった。そして、新人で20勝を挙げ、最多勝や沢村賞などのタイトルを総なめした上原(現レッドソックス)の6600万円も目安になる。1年の浪人生活と原監督の甥っ子という重圧をはねのけた「査定」も加味されるともっぱらで、上原超えも十分ありえるというのだ。

 菅野が「巨人に入って良かったなあ」と本当に実感するのは、サインする瞬間かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る