6600万円超? 巨人・菅野は“安定感”で上原超え!?

公開日: 更新日:

「さすが巨人」と他球団の選手はため息をついている。西村の年俸が1億円アップし、村田が3年10億円の大型契約。山口が3億2000万円と、この数日だけでも浮世離れした数字がポンポン飛び交っているのだ。

 注目されるのは週明けの9日に契約更改交渉が予定されている新人の菅野智之(24)。新人王はヤクルトの小川に譲ったものの、連敗が一度もない安定感で13勝6敗。日本シリーズでは楽天の田中にも投げ勝った。年俸1500万円から、いくらアップするのか。

 同僚の沢村の新人時代は11勝11敗で投球回数が200イニングに到達して新人王を獲得。2年目は5500万円だった。そして、新人で20勝を挙げ、最多勝や沢村賞などのタイトルを総なめした上原(現レッドソックス)の6600万円も目安になる。1年の浪人生活と原監督の甥っ子という重圧をはねのけた「査定」も加味されるともっぱらで、上原超えも十分ありえるというのだ。

 菅野が「巨人に入って良かったなあ」と本当に実感するのは、サインする瞬間かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る