• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6600万円超? 巨人・菅野は“安定感”で上原超え!?

「さすが巨人」と他球団の選手はため息をついている。西村の年俸が1億円アップし、村田が3年10億円の大型契約。山口が3億2000万円と、この数日だけでも浮世離れした数字がポンポン飛び交っているのだ。

 注目されるのは週明けの9日に契約更改交渉が予定されている新人の菅野智之(24)。新人王はヤクルトの小川に譲ったものの、連敗が一度もない安定感で13勝6敗。日本シリーズでは楽天の田中にも投げ勝った。年俸1500万円から、いくらアップするのか。

 同僚の沢村の新人時代は11勝11敗で投球回数が200イニングに到達して新人王を獲得。2年目は5500万円だった。そして、新人で20勝を挙げ、最多勝や沢村賞などのタイトルを総なめした上原(現レッドソックス)の6600万円も目安になる。1年の浪人生活と原監督の甥っ子という重圧をはねのけた「査定」も加味されるともっぱらで、上原超えも十分ありえるというのだ。

 菅野が「巨人に入って良かったなあ」と本当に実感するのは、サインする瞬間かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る