「フォーク隠し」だけじゃない 巨人・菅野の図太さ、シタタカさ

公開日: 更新日:

 したたかな男である。
 巨人菅野智之(24)がCSファイナルステージ第2戦で3安打11奪三振。プロ初の完封勝利はセのCSを通じても初の記録だった。

 この日はフォークの割合が2割を超えた。今春のキャンプで「恥ずかしい。持ち球というレベルじゃない」と言い、シーズンを通じてほとんど投げていなかった球種だ。

「隠してるわけじゃなかったけど、広島とは8試合目。向こうも対策を練ってくるわけだから、こっちも練らないと。向こうのデータになかったと思います」

 とは、試合後の菅野。チーム内では、「こういう大一番のために、あえてフォークは使えないと喧伝し、シーズン中も投げなかったみたい。たいした新人ですよ」との声もあるから、確かにずぶといルーキーではある。

 一昨年のドラフト日本ハムへの入団を拒否して1年間の浪人生活。その間、ブランクを不安視する声を見返すため、あえて単調なトレーニングを黙々とこなした。「先が見えないあのときの苦しさに比べたら、怖いものはない」と、いい意味での開き直りが、言葉と態度の端々に出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る