「フォーク隠し」だけじゃない 巨人・菅野の図太さ、シタタカさ

公開日: 更新日:

 したたかな男である。
 巨人の菅野智之(24)がCSファイナルステージ第2戦で3安打11奪三振。プロ初の完封勝利はセのCSを通じても初の記録だった。

 この日はフォークの割合が2割を超えた。今春のキャンプで「恥ずかしい。持ち球というレベルじゃない」と言い、シーズンを通じてほとんど投げていなかった球種だ。

「隠してるわけじゃなかったけど、広島とは8試合目。向こうも対策を練ってくるわけだから、こっちも練らないと。向こうのデータになかったと思います」

 とは、試合後の菅野。チーム内では、「こういう大一番のために、あえてフォークは使えないと喧伝し、シーズン中も投げなかったみたい。たいした新人ですよ」との声もあるから、確かにずぶといルーキーではある。

 一昨年のドラフトで日本ハムへの入団を拒否して1年間の浪人生活。その間、ブランクを不安視する声を見返すため、あえて単調なトレーニングを黙々とこなした。「先が見えないあのときの苦しさに比べたら、怖いものはない」と、いい意味での開き直りが、言葉と態度の端々に出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る