「フォーク隠し」だけじゃない 巨人・菅野の図太さ、シタタカさ

公開日:  更新日:

 したたかな男である。
 巨人の菅野智之(24)がCSファイナルステージ第2戦で3安打11奪三振。プロ初の完封勝利はセのCSを通じても初の記録だった。

 この日はフォークの割合が2割を超えた。今春のキャンプで「恥ずかしい。持ち球というレベルじゃない」と言い、シーズンを通じてほとんど投げていなかった球種だ。

「隠してるわけじゃなかったけど、広島とは8試合目。向こうも対策を練ってくるわけだから、こっちも練らないと。向こうのデータになかったと思います」

 とは、試合後の菅野。チーム内では、「こういう大一番のために、あえてフォークは使えないと喧伝し、シーズン中も投げなかったみたい。たいした新人ですよ」との声もあるから、確かにずぶといルーキーではある。

 一昨年のドラフトで日本ハムへの入団を拒否して1年間の浪人生活。その間、ブランクを不安視する声を見返すため、あえて単調なトレーニングを黙々とこなした。「先が見えないあのときの苦しさに比べたら、怖いものはない」と、いい意味での開き直りが、言葉と態度の端々に出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る