日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“食べ過ぎ”香川 フル出場&マンU勝利もいまだ消化不良

 マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司が欧州CL・シャフタール戦(日本時間11日早朝キックオフ)に先発しフル出場。1―0の完封勝利に貢献したが、ゴールにもアシストにも絡めず、消化不良の感は否めなかった。

 香川といえば4日のプレミア・エバートン戦の後、自宅に帰宅した際に「呼吸困難に陥って近隣住民に救急車を呼ばれる事態となった」と地元メディアに報じられた。

 シャフタール戦前、モイーズ監督が「シンジは食い過ぎて体調を崩しただけ」とコメント。試合では両チーム選手最長の「走行距離12.53キロ」を記録した香川だが、ただ走り回るだけでは本領発揮とはいえない。

 マンUは今季プレミアで6勝4分け5敗。すでに優勝した昨季の負け数(28勝5分け5敗)に並び、9位に低迷中だ。これでは「モイーズ監督更迭」「1月の移籍期間に香川放出」のウワサが絶えないのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事