• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

INAC川澄 米国リーグ移籍のカギ握るあの“同性選手”

 皇后杯(全日本女子選手権)決勝でINAC神戸が、新潟を延長2―2の同点からPK戦で下して4連覇。リーグ、リーグ杯、国際女子クラブ選手権と合わせて今季4冠の偉業を成し遂げた。

 これでエースFW川澄奈穂美(28)が海外リーグにチャレンジすることになった。「昨季中から海外移籍をクラブ幹部に直訴。4冠達成が移籍容認の条件だった」(サッカー記者)からだ。

 行き先として、昨季までスペイン女子リーグ2連覇のバルセロナ入りが報じられている。
 川澄自身、男子バルセロナの大ファン。決勝の試合会場でも「川澄ちゃんのバルサ行き、あり得るよね」という声が聞こえてきた。ところが某マスコミ関係者が「川澄の移籍先は米国リーグ。仲良し“ボーイフレンド”の動向と無関係ではない」と言下に否定する。
 「皇后杯決勝で1ゴール1アシストと大活躍の韓国代表司令塔のチ・ソヨンと川澄は、周囲が“まるで恋人同士”と言いたくなるほどの仲良し。神戸は今季終了後、若手日本人選手主体のチームづくりにシフト。米国人選手2人、チ・ソヨンの退団がシーズン中には内定していた。チ・ソヨンは米国の名門チームに移籍を予定。川澄も同じチームに移ることにしているようです」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る