INAC川澄 米国リーグ移籍のカギ握るあの“同性選手”

公開日: 更新日:

 皇后杯(全日本女子選手権)決勝でINAC神戸が、新潟を延長2―2の同点からPK戦で下して4連覇。リーグ、リーグ杯、国際女子クラブ選手権と合わせて今季4冠の偉業を成し遂げた。

 これでエースFW川澄奈穂美(28)が海外リーグにチャレンジすることになった。「昨季中から海外移籍をクラブ幹部に直訴。4冠達成が移籍容認の条件だった」(サッカー記者)からだ。

 行き先として、昨季までスペイン女子リーグ2連覇のバルセロナ入りが報じられている。
 川澄自身、男子バルセロナの大ファン。決勝の試合会場でも「川澄ちゃんのバルサ行き、あり得るよね」という声が聞こえてきた。ところが某マスコミ関係者が「川澄の移籍先は米国リーグ。仲良し“ボーイフレンド”の動向と無関係ではない」と言下に否定する。
 「皇后杯決勝で1ゴール1アシストと大活躍の韓国代表司令塔のチ・ソヨンと川澄は、周囲が“まるで恋人同士”と言いたくなるほどの仲良し。神戸は今季終了後、若手日本人選手主体のチームづくりにシフト。米国人選手2人、チ・ソヨンの退団がシーズン中には内定していた。チ・ソヨンは米国の名門チームに移籍を予定。川澄も同じチームに移ることにしているようです」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る