統一球騒動の引き金ひいたのは「携帯電話水没事件」だった

公開日: 更新日:

 その瞬間、ホテル中の視線が小柄な初老の男性に集まった。ロビーのラウンジでコーヒーを飲んでいたその男性が、足を踏み外して転倒。客席を囲むようにデザインされた、幅1.5メートルほどの溝にすっぽりと横になってはまってしまったのだ。溝には水が張ってあり、男性は頭から足までビッショビショになった。

「引きつった笑いを浮かべながら立ち上がった濡れねずみは、NPBの下田事務局長(当時)でした。6月10日に都内ホテルで行われたプロ野球実行委員会が終わった直後のことです。思えば、これが球史に残る大騒動となったあの『統一球問題』の引き金になった。すぐに近くのユニクロに行って買った下着、ズボン、白のポロシャツに着替えた下田さんはバツが悪そうに笑っていましたが、結果的にこれが彼の笑顔を見た最後になりました」(マスコミ関係者)

 統一球問題が勃発したのは、この翌日の6月11日だった。仙台で行われた選手会との事務折衝。この席で選手会から突き上げられた下田事務局長は、統一球の反発係数を秘密裏に調整していたこと、その事実をコミッショナーも了解していたことなどを白状したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る