• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

統一球騒動の引き金ひいたのは「携帯電話水没事件」だった

 その瞬間、ホテル中の視線が小柄な初老の男性に集まった。ロビーのラウンジでコーヒーを飲んでいたその男性が、足を踏み外して転倒。客席を囲むようにデザインされた、幅1.5メートルほどの溝にすっぽりと横になってはまってしまったのだ。溝には水が張ってあり、男性は頭から足までビッショビショになった。

「引きつった笑いを浮かべながら立ち上がった濡れねずみは、NPBの下田事務局長(当時)でした。6月10日に都内ホテルで行われたプロ野球実行委員会が終わった直後のことです。思えば、これが球史に残る大騒動となったあの『統一球問題』の引き金になった。すぐに近くのユニクロに行って買った下着、ズボン、白のポロシャツに着替えた下田さんはバツが悪そうに笑っていましたが、結果的にこれが彼の笑顔を見た最後になりました」(マスコミ関係者)

 統一球問題が勃発したのは、この翌日の6月11日だった。仙台で行われた選手会との事務折衝。この席で選手会から突き上げられた下田事務局長は、統一球の反発係数を秘密裏に調整していたこと、その事実をコミッショナーも了解していたことなどを白状したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る