• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下村文科相がリークした「長嶋・松井」国民栄誉賞スクープ

「俺の名前は出すなよ」
 その時、下村博文文科相はきつく念を押した。

 今年のプロ野球界の最大のサプライズだったのが長嶋茂雄、松井秀喜両氏の国民栄誉賞同時受賞。驚きに輪をかけたのが、これをスクープしたのが全国紙でもスポーツ紙でも通信社でもなく、群馬県の地方紙「上毛新聞」だったことだ。

 4月1日朝刊のスクープの1週間ほど前だ。都内の実業家の自宅に長嶋茂雄氏と下村文科相が食事に招かれた。その実業家は長嶋氏の後援者でもあった。ところがその席になぜかもうひとり、見知らぬ人物がいた。上毛新聞の幹部だ。下村文科相が連れてきたのだった。

 スポーツ界からの国民栄誉賞受賞となれば文科省の担当。文科相は当然のことながら知っていた。ある意味、この食事会は受賞のお祝いもかねていた。
 食事会の話題は当然のことながら国民栄誉賞受賞になった。それを聞いた新聞社幹部は記事にすることの許可を求めた。冒頭の発言はその時の下村文科相の言葉だ。下村文科相は幹部を連れてくることで、スクープを抜かせようとしたのである。

 政府が2人の国民栄誉賞受賞を発表したのは1日の午後だった。
 ちなみに下村文科相は群馬県出身である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る