ポスト猪瀬に急浮上した安倍首相の“お友達”下村博文文科相

公開日: 更新日:

 5000万円の「徳洲会マネー」問題をめぐり、新たな事実とウソが次々に発覚している東京都の猪瀬直樹知事。もはや辞職は“既定路線”となり、永田町や都政関係者の間の最大の関心は「ポスト猪瀬」に移っている。そんな中、安倍自民が担ぐとみられる“本命候補”の名前が急浮上してきた。ズバリ、下村博文・文科相(59)である。

 猪瀬は論外として、今度の知事は、よほどヘマをしない限り、7年後の東京五輪でも知事を務めるだろう。巨大な利権が絡むイベントだから、安倍官邸もウマが合う人物を知事に据えたいはずだ。

 これまで舛添要一や小池百合子といった名前が取り沙汰されてきたが、舛添は過去に自民党を飛び出した男だし、小池は安倍や森元首相との不仲説がささやかれているから、安倍自民としては躊躇がある。そこで、下村なのである。永田町関係者がこう言う。

「下村は現職大臣だから知名度はあるし、東京選出で都民にも名前は知られている。それにオリンピック担当相を兼ねているから、知事選で<東京五輪を成功させたい>と訴えれば一応の理屈は立つ。何よりも最大のポイントは、第1次安倍内閣でも官房副長官を務め、安倍の<側近中の側近><親友>と呼ばれるほどベッタリの関係だということ。安倍官邸にしてみれば、下村が知事選出馬になれば願ったりかなったりだし、下村にしても、この先、総理を狙える器ではない。都知事で五輪をできれば大満足です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る