• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人、ドラ1小林の育成に急ピッチ 近づく阿部の捕手寿命

 巨人の内海哲也(31)、山口鉄也(30)らが5日、自主トレ先のグアムへ出発した。「例年通りにきつくなる」とハードな練習を予告した内海は「目標は優勝。個人的には最多勝」と話した。

 面倒見のいい前選手会長が腕を撫(ぶ)していることがあるという。ドラフト1位ルーキー、日本生命の小林誠司(24)の“教育係”だ。

 さる球団関係者は「ダイエー時代にエースだった工藤が若い城島を教育した時のように、投手目線から捕手の小林を指導するというもの。内海は後輩に教えるのが好きな選手だけに、配球から何からプロの世界を厳しく仕込むと意気込んでいるようです」と言う。

 大黒柱の阿部慎之助(34)も小林を気にかけている。主将とエースがそれぞれ全面サポートを約束するというのだから、至れり尽くせりな新人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る