巨人、ドラ1小林の育成に急ピッチ 近づく阿部の捕手寿命

公開日: 更新日:

 巨人内海哲也(31)、山口鉄也(30)らが5日、自主トレ先のグアムへ出発した。「例年通りにきつくなる」とハードな練習を予告した内海は「目標は優勝。個人的には最多勝」と話した。

 面倒見のいい前選手会長が腕を撫(ぶ)していることがあるという。ドラフト1位ルーキー、日本生命の小林誠司(24)の“教育係”だ。

 さる球団関係者は「ダイエー時代にエースだった工藤が若い城島を教育した時のように、投手目線から捕手の小林を指導するというもの。内海は後輩に教えるのが好きな選手だけに、配球から何からプロの世界を厳しく仕込むと意気込んでいるようです」と言う。

 大黒柱の阿部慎之助(34)も小林を気にかけている。主将とエースがそれぞれ全面サポートを約束するというのだから、至れり尽くせりな新人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る