日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井に喰われ、どんどん影が薄くなる巨人・原監督の“厄難”

 2014年の巨人の話題はこの人一色になる。

 現在、故郷の石川・能美市に帰省中の元ヤンキース松井秀喜(39)だ。2月には巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務める。球団には「コーチを経て次期監督」の青写真がある。マイペースな松井は態度を明らかにしていないものの、ついに決断を下したという。
さる球界関係者が言う。
「来年コーチ、再来年監督就任という巨人が描いている構想を、松井が受ける決断をしたと周囲に漏らしているというのです。今回の臨時コーチも、当初は数日間とみられていたところ、宮崎での約2週間をフルに教えることになったのが決意の表れともっぱら。スポーツマスコミだって、そのつもりで報じるでしょう。入閣は来年なので、今回は現有戦力を把握するのはもちろん、自身の内閣を作る際の“コーチ陣の吟味”という意味合いも強いとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事