• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井に喰われ、どんどん影が薄くなる巨人・原監督の“厄難”

投稿日:  更新日:

 2014年の巨人の話題はこの人一色になる。

 現在、故郷の石川・能美市に帰省中の元ヤンキース松井秀喜(39)だ。2月には巨人の宮崎キャンプで臨時コーチを務める。球団には「コーチを経て次期監督」の青写真がある。マイペースな松井は態度を明らかにしていないものの、ついに決断を下したという。
さる球界関係者が言う。
「来年コーチ、再来年監督就任という巨人が描いている構想を、松井が受ける決断をしたと周囲に漏らしているというのです。今回の臨時コーチも、当初は数日間とみられていたところ、宮崎での約2週間をフルに教えることになったのが決意の表れともっぱら。スポーツマスコミだって、そのつもりで報じるでしょう。入閣は来年なので、今回は現有戦力を把握するのはもちろん、自身の内閣を作る際の“コーチ陣の吟味”という意味合いも強いとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る