二岡に米コーチ修行斡旋 巨人の狙いは「松井監督」への備え

公開日: 更新日:

「松井のためですよ」
 球界関係者がそう言うのは、今オフに日本ハムから戦力外通告を受けた二岡智宏(37)のことである。

 一部で「引退、ヤンキースにコーチ留学」と報じられた二岡は、現役続行を最優先とし、現在もトレーニングを続けている。実際には引退を決断したわけではなく、他球団からのオファーを待っている状態だ。

 今季は36試合の出場で打率.071、本塁打ゼロ。それでも、リーグ優勝した昨年は代打の切り札として.353の高打率を残していることで、DeNAなど在京球団が水面下で獲得に向けた調査はしていた。が、今季の不振と両足に抱える故障がネックとなって、戦力外通告を受けてから2カ月が経過した今になっても、引き取り手が現れていない。年内に他球団からのオファーがなければ、正式に引退を表明することになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る