日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシア15歳の新星浮揚 ソチ表彰台に“黄信号”の浅田真央

 あどけない笑顔の少女が、五輪会場を沸かすかもしれない。
 先週末に行われたフィギュア欧州選手権(ブダペスト)の女子シングルは、ロシアの15歳・ユリア・リプニツカヤがショートプログラム2位から逆転優勝。大会最年少での頂点によりソチ五輪代表を確実にした。

 リプニツカヤの合計209.72点は、国際スケート連盟(ISU)公認大会での今季最高。キム・ヨナ(23)が国内大会で出した上げ底の227.86点とはワケが違う。今季はグランプリシリーズでも2勝を挙げ、ファイナルでも2位と急成長。「200%のすべりができた」というロシアの新星は、一気に地元五輪のメダル候補に浮上。オンライン・ギャンブルの「bwin」によるソチ五輪女子フィギュアの金メダルのオッズも、キム・ヨナ1.9倍、浅田真央4.25倍、リプニツカヤは8倍だ。

 これでリプニツカヤは浅田にとって怖い存在になった。今大会のフリー演技では、後ろに上げた右足を背中にピタリとつけて膝を持ち回転する、彼女の代名詞「キャンドルスピン」はもちろん、連続ジャンプも安定。柔軟性だけでなく、スピードも審判団にアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事