浅田真央の「宿命のライバル」キム・ヨナを徹底解剖する

公開日:  更新日:

■家庭環境
 03年ごろ、父・ヒョンソクが経営する金メッキ工場が8億円の損失を出すなど決して裕福な家庭ではなかった。母・ミヒは親戚から借金をしてヨナをスケート留学させ、英語教師兼運転手兼コーチとして徹底サポート。姉・エラもスケーターだったが、ヨナに投資するためにやめた。

■収入
 13年の収入は約1400万ドル(約14億円)。「フォーブス」の世界女子スポーツ選手収入ランキングで6位に入った。一方、真央は推定で5億円程度といわれる。ヨナに対する母国からの支援は8000万ウォン(約800万円)と多くない。

■オトコ
「13年も海外で父親と手をつないで歩く写真が世に出ており、大の父親好き。韓国マスコミでは、韓流スターのチャン・グンソクなど、オトコの噂を流したりしているが、ヨナは『マスコミで噂になった男性たち、皆さんには悪いけど、男性への感情は1%も感じたことはない』とキッパリと否定。韓国記者も『23歳になっても父親と手を握って歩いているくらい。噂は単なる噂ではないか』と言っている」(国際ジャーナリストの太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る