日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未成年で酒、たばこ発覚の西武・相内に「タイガーマスク」のススメ

 22日午前、西武の周辺が物々しい雰囲気に包まれた。報道陣に対し、午後に緊急会見を開くことを通知。何ごとかと球団事務所にマスコミが大挙すると、飯田専務が会見。高卒2年目の相内誠(19)が、未成年ながら酒、たばこをやったことが外部からの投書で発覚し、6カ月の対外試合出場禁止処分を下したことが発表された。

 相内といえば12年ドラフトで2位指名された直後の12月、無免許で車を運転し、契約が一時凍結されたことがある。飯田専務は本人のコメントとして、「ファンの方々に申し訳ない。今後、このようなことをしないと誓います」と話したが、さすがに2度目の不祥事に、球界からは「クビになってもおかしくない」という声も出ている。

 むろん19歳で酒やたばこをやる連中なんてゴマンといる。ただ相内はプロ野球選手であり、しかも“前歴”がある。他の選手よりも目をつけられる存在なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事