ベスト4のノルマ達成に立ちはだかってきそうな要注意6校

公開日:  更新日:

 去る24日に行われたセンバツ選考委員会で、横浜が関東・東京6校目の最終枠で選ばれた。昨秋の関東大会準々決勝で佐野日大(栃木)に敗れたため、二松学舎大付(東京)と習志野(千葉)と1枠を争う当落線上とされていた。ヤキモキする冬を過ごしただけに、素直にうれしく思う。「出るからにはノルマはベスト4」と選手たちには言っている。

 今大会は混戦と見ている。その中でも佐野日大、広島新庄(広島)、明徳義塾(高知)の3校は好投手がいる。佐野日大と広島新庄のエースは左腕で右よりも厄介。昨夏の甲子園で4強入りした明徳の岸君(2年)は経験が豊富だ。

 昨秋の明治神宮大会を視察して日本文理(新潟)打線に衝撃を受けた。低めの球でも当てにいかない。各打者がフルスイングして低めの難しい球でも外野の頭上を越す打球を連発していた。高校野球も変わってきたと感じた。この試合は強い追い風が吹いていたことを差し引いても脅威なのは間違いない。この大会を制した沖縄尚学の打線も振れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る