男子スロープスタイル 雪不足でメダル候補「重症」の大惨事

公開日: 更新日:

 開幕目前にして欠陥施設が原因の犠牲者が出た。

 男子スノーボード・スロープスタイルでメダル候補のトシュテン・ホルグモ(26=ノルウェー)が3日、公式練習中に転倒して鎖骨骨折の重傷で大会を欠場することになった。ホルグモは難易度の高い技を繰り出した際、コースに設置されたレールに顔と右肩から激突したという。

 スロープスタイルは今大会から正式種目に採用された。昨年のプレ大会は雪不足で中止となり、今大会前に初めて試技が行われたばかり。選手からはジャンプ台の勾配のきつさやレールの滑りにくさを指摘する声が上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る