JOCが頭抱える ソチエース高梨沙羅の「スポンサー問題」

公開日:  更新日:

 露出度の高さが裏目に出ている。

 スキー女子ジャンプの高梨沙羅(17)は、12日のW杯札幌大会で通算15勝をマーク。W杯連続表彰台記録も13回とし、日本最多となった。五輪での「金メダル取り」に、ファンの期待は膨らむばかりだが、その陰でJOC(日本オリンピック委員会)関係者が、ある問題で頭を抱えているという。

 現時点で高梨は、製菓、寝具メーカーなど複数の企業とスポンサー契約を結んでいる。この中には、日本選手団をサポートしているJOCの公式スポンサーのライバル会社もあるからだ。こういうケースは珍しいことではないのだが、JOCにとって頭痛の種なのが、高梨の個人スポンサーに対する気遣いだ。ある広告代理店関係者がこう語る。

「2016年までの契約をしているゴールドパートナー(GP)は7社。選手の肖像権を使用しないオフィシャルパートナー(OP)は22社ある。これらの企業が4年間に払う契約金(12年まではGP1社6億円、OP1社2億2000万円)こそが、JOCの主財源で、最大のお客さまなのです。高梨は、マスコミの前ではJOCのスポンサー名が入っているウエアを脱いで、個人で契約しているスポンサー名の入ったウエアで取材に応じることもある。JOCは、大会などの公式な場でない限りそれを規制できない。ソチ五輪代表の中で最もテレビの露出度が高い選手だけにJOCは困っている」
 
 ソチで金メダルを取ったら大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る