“客寄せ”で渋々? 浅田真央「ソチ団体戦」出場の不安材料

公開日:  更新日:

 何より無事に終えることを願うファンは、少なくないだろう。

 ソチ五輪から正式種目になったフィギュアスケート団体(男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目で争う10カ国の国別対抗戦)。その新種目の個人SP(ショートプログラム)に出場が濃厚といわれる浅田真央(23)に周囲から不安の声が上がっている。

 浅田は現在、五輪を集大成と考え、女子シングルで金メダルを狙う。開会式前後の日本時間2月7~10日に行われる団体戦に出場すれば、シングル戦(同2月20日~)を前に想定外のケガや調整に不安を残す可能性もある。

■韓国は団体戦出場資格なし

 そもそも団体戦のメダル争いは、現在の国際スケート連盟(ISU)のポイント順に、カナダ(6053点)、ロシア(5459点)、米国(5274点)に絞られている。日本(4062点)はその直後の4位に位置するが、上位3カ国との差は歴然。メダルは絶望的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る