ノーマル8位入賞も…葛西の足かせになった「主将」の責務

公開日:  更新日:

 レジェンドの「不発」にはワケがあった。

 ジャンプ男子ノーマルヒル決勝に7大会連続五輪出場の葛西紀明(41)が出場。1本目101.5メートル、2本目は100メートルと距離を伸ばせず、合計255.2点。メダルは遠く、8位入賞が精いっぱいだった。

「失敗しない限りは金メダルに近づいている」とジャンプ後に悔しさをにじませたが、その悔しさは結果だけではない。本番に向けた調整が「ある事情」により思い通りにいかなかったからだ。それは、日本選手団「主将」の肩書と大きな関係がある。

■義理堅さやおとこ気が裏目に…

 葛西は今大会前、冬季五輪では最多出場の実績が買われ、日本オリンピック委員会(JOC)から主将に任命された。当初、本人は「大変名誉でありうれしいこと」と大役の抜擢を喜んでいたが、その裏では複雑な思いを抱いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る