ソチ日本代表「冬季五輪銀座パレード」の頼みはパラリンピック

公開日: 更新日:

「バンクーバー(五輪)以上の成績を残して、銀座でパレードを冬もやりましょう」

 橋本聖子日本スケート連盟会長がこう宣言したのが昨年の4月19日。ロンドン五輪では史上最多の38個のメダル。大会後、メダリストがオープンカー7台に乗って銀座をパレード。沿道に約50万人が詰め掛けたのは記憶に新しい。

 その光景に感動した浅田真央も「ぜひやりたい」と言い、日本代表の間でもそうした声は高まるばかり。ソチ五輪選手団長に就任した橋本聖子も引っ込みがつかなくなってしまった。

 バンクーバー五輪は銀3、銅2のメダル5個。ソチでは種目が12も増え、橋本団長も「長野五輪(メダル10個)を超えるのが目標」と鼻息も荒い。思惑通りにメダルラッシュとなればいいが、2006年のトリノではわずかに金1個だけ。2002年のソルトレークシティーでも銀、銅各1の2個。五輪の雰囲気にのまれたのか、重圧に押しつぶされたのか、メダル確実といわれた選手がしばしば敗れている。バンクーバー超えをいっても決して簡単なことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る