ソチ日本代表「冬季五輪銀座パレード」の頼みはパラリンピック

公開日:  更新日:

「バンクーバー(五輪)以上の成績を残して、銀座でパレードを冬もやりましょう」

 橋本聖子日本スケート連盟会長がこう宣言したのが昨年の4月19日。ロンドン五輪では史上最多の38個のメダル。大会後、メダリストがオープンカー7台に乗って銀座をパレード。沿道に約50万人が詰め掛けたのは記憶に新しい。

 その光景に感動した浅田真央も「ぜひやりたい」と言い、日本代表の間でもそうした声は高まるばかり。ソチ五輪選手団長に就任した橋本聖子も引っ込みがつかなくなってしまった。

 バンクーバー五輪は銀3、銅2のメダル5個。ソチでは種目が12も増え、橋本団長も「長野五輪(メダル10個)を超えるのが目標」と鼻息も荒い。思惑通りにメダルラッシュとなればいいが、2006年のトリノではわずかに金1個だけ。2002年のソルトレークシティーでも銀、銅各1の2個。五輪の雰囲気にのまれたのか、重圧に押しつぶされたのか、メダル確実といわれた選手がしばしば敗れている。バンクーバー超えをいっても決して簡単なことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る