ソチ日本代表「冬季五輪銀座パレード」の頼みはパラリンピック

公開日:  更新日:

「バンクーバー(五輪)以上の成績を残して、銀座でパレードを冬もやりましょう」

 橋本聖子日本スケート連盟会長がこう宣言したのが昨年の4月19日。ロンドン五輪では史上最多の38個のメダル。大会後、メダリストがオープンカー7台に乗って銀座をパレード。沿道に約50万人が詰め掛けたのは記憶に新しい。

 その光景に感動した浅田真央も「ぜひやりたい」と言い、日本代表の間でもそうした声は高まるばかり。ソチ五輪選手団長に就任した橋本聖子も引っ込みがつかなくなってしまった。

 バンクーバー五輪は銀3、銅2のメダル5個。ソチでは種目が12も増え、橋本団長も「長野五輪(メダル10個)を超えるのが目標」と鼻息も荒い。思惑通りにメダルラッシュとなればいいが、2006年のトリノではわずかに金1個だけ。2002年のソルトレークシティーでも銀、銅各1の2個。五輪の雰囲気にのまれたのか、重圧に押しつぶされたのか、メダル確実といわれた選手がしばしば敗れている。バンクーバー超えをいっても決して簡単なことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る