日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

もう“縁故”なんて言わせない? DeNA白崎浩之の評価急上昇

 進化を証明するマルチヒットだった。DeNAの2年目白崎浩之(23)が11日、紅白戦に7番遊撃で出場。1打席目に中堅越えの二塁打、4打席目は左前打を放った。

 駒大から12年のドラフト1位でベイスターズに入団。遊撃守備と足はプロレベルながら、打撃はサッパリ。1年目の昨季は47試合の出場で打率2割1分2厘、0本塁打に終わり、「(駒大OBの)中畑監督の縁故採用だったんじゃないのか」なんて声も上がった。

 それまで遊撃を守っていた梶谷がこのオフ、「失策が多過ぎる」(中畑監督)と外野にコンバートされた際にもあれこれ言われた。9日朝の声出しで「中畑監督を胴上げします!」と宣言すると、ナインからは「うまいねー。大学、大学!」と冷やかされた。

 白崎は課題の打撃向上に取り組んだ。1月にはソフトバンクの内川の自主トレに参加し、打力を磨いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事