もう“縁故”なんて言わせない? DeNA白崎浩之の評価急上昇

公開日:  更新日:

 進化を証明するマルチヒットだった。DeNAの2年目白崎浩之(23)が11日、紅白戦に7番遊撃で出場。1打席目に中堅越えの二塁打、4打席目は左前打を放った。

 駒大から12年のドラフト1位でベイスターズに入団。遊撃守備と足はプロレベルながら、打撃はサッパリ。1年目の昨季は47試合の出場で打率2割1分2厘、0本塁打に終わり、「(駒大OBの)中畑監督の縁故採用だったんじゃないのか」なんて声も上がった。

 それまで遊撃を守っていた梶谷がこのオフ、「失策が多過ぎる」(中畑監督)と外野にコンバートされた際にもあれこれ言われた。9日朝の声出しで「中畑監督を胴上げします!」と宣言すると、ナインからは「うまいねー。大学、大学!」と冷やかされた。

 白崎は課題の打撃向上に取り組んだ。1月にはソフトバンクの内川の自主トレに参加し、打力を磨いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る