日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋尚の入団間近で 巨人・原監督が最も恐れるのはDeNA

 日本一を逃したことでこのオフ、着々と補強を進める巨人。早くもリーグ3連覇は堅いとみる向きが多い中、巨人の原辰徳監督(55)が最も警戒しているのは、万年BクラスのDeNAだという。

 今季、巨人はDeNAに18勝5敗1分けとリーグ連覇に貢献してもらった“お得意さま”。DeNAの中畑清監督(59)は来季の巨人戦を五分で戦う目標を掲げている。原監督は鼻で笑いそうだが、そうでもないらしい。今季カブスなどでプレーした元巨人の高橋尚成(38)の動向が関係しているという。さる球界関係者が言う。

「高橋尚が親しい関係者に『日本でやります』と伝えているようです。水面下でDeNAとヤクルトが獲得に乗り出していたが、高橋尚にとって中畑監督は母校・駒大の先輩。どうやらDeNAへの入団が濃厚です」

 DeNAのチーム防御率4.50はリーグワースト。巨人戦は6.40と壊滅的だ。一方で総得点630は巨人の597を上回る。チーム打率.262も巨人に並ぶ数字。打撃面では決して引けを取っていない。巨人戦の18敗のうち、2点差以内が10試合もある。どちらに転ぶか分からない接戦が多く、投手陣さえまともなら、対戦成績が逆になっていてもおかしくはなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事