日欧逆転…高梨の4位に胸なで下ろす国際スキー連盟の思惑

公開日: 更新日:

 金メダルどころか、まさかの4位。スキー女子ジャンプノーマルヒル(日本時間12日未明)の高梨沙羅(17)の失敗ジャンプには、日本中が驚きとため息に包まれた。対照的に胸を撫で下ろしたのが国際スキー連盟(FIS)だという。13戦10勝と今季の女子ジャンプW杯で強すぎる高梨に、頭を抱えていたからだ。

 関係者がこう打ち明ける。
「FISとしては女子ジャンプがソチ五輪でやっと正式種目に採用され、W杯でどんどん盛り上げていくつもりだった。ところが実力、人気ナンバーワンのサラ・ヘンドリクソン(米)が昨夏の膝の故障で欠場した上に、高梨ばかりが勝ち続け、関心が薄れてしまった。ヨーロッパの女子ジャンプの会場は客の入りが悪く、ファンが集まったのは、1月に日本で行われた札幌と蔵王の2大会くらい。このままソチ五輪で高梨が金メダルを取ったら、FISは高梨対策でルール変更まで言い出すとの噂が流れたほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  3. 3

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る