日欧逆転…高梨の4位に胸なで下ろす国際スキー連盟の思惑

公開日: 更新日:

 金メダルどころか、まさかの4位。スキー女子ジャンプノーマルヒル(日本時間12日未明)の高梨沙羅(17)の失敗ジャンプには、日本中が驚きとため息に包まれた。対照的に胸を撫で下ろしたのが国際スキー連盟(FIS)だという。13戦10勝と今季の女子ジャンプW杯で強すぎる高梨に、頭を抱えていたからだ。

 関係者がこう打ち明ける。
「FISとしては女子ジャンプがソチ五輪でやっと正式種目に採用され、W杯でどんどん盛り上げていくつもりだった。ところが実力、人気ナンバーワンのサラ・ヘンドリクソン(米)が昨夏の膝の故障で欠場した上に、高梨ばかりが勝ち続け、関心が薄れてしまった。ヨーロッパの女子ジャンプの会場は客の入りが悪く、ファンが集まったのは、1月に日本で行われた札幌と蔵王の2大会くらい。このままソチ五輪で高梨が金メダルを取ったら、FISは高梨対策でルール変更まで言い出すとの噂が流れたほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る