日欧逆転…高梨の4位に胸なで下ろす国際スキー連盟の思惑

公開日:  更新日:

 金メダルどころか、まさかの4位。スキー女子ジャンプノーマルヒル(日本時間12日未明)の高梨沙羅(17)の失敗ジャンプには、日本中が驚きとため息に包まれた。対照的に胸を撫で下ろしたのが国際スキー連盟(FIS)だという。13戦10勝と今季の女子ジャンプW杯で強すぎる高梨に、頭を抱えていたからだ。

 関係者がこう打ち明ける。
「FISとしては女子ジャンプがソチ五輪でやっと正式種目に採用され、W杯でどんどん盛り上げていくつもりだった。ところが実力、人気ナンバーワンのサラ・ヘンドリクソン(米)が昨夏の膝の故障で欠場した上に、高梨ばかりが勝ち続け、関心が薄れてしまった。ヨーロッパの女子ジャンプの会場は客の入りが悪く、ファンが集まったのは、1月に日本で行われた札幌と蔵王の2大会くらい。このままソチ五輪で高梨が金メダルを取ったら、FISは高梨対策でルール変更まで言い出すとの噂が流れたほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る