高梨沙羅のW杯連勝ストップ 裏にロシアの“いやがらせ”説

公開日: 更新日:

 ソチ五輪で浅田真央と並ぶ金メダル有力候補、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(17)に暗雲が立ち込めている。W杯4連勝中だった高梨は、4日に行われた第5戦(ロシア・チャイコフスキー)で“まさか”の3位。女子単独最多となる通算14勝目はお預けとなった。

 高梨は昨年12月に始まったW杯初戦から好調を維持していたが、今大会は上位選手が100メートル超えの記録を出す中、98.5メートル止まりだった。

 今回の敗戦について本人は、「ジャンプのタイミングが合わなかったことが課題」と話した。そんな高梨の「3位」を欧米スキー関係者の中には「ロシアによる高梨潰しが功を奏した」と漏らす者もいる。

 ロシアは自国開催の五輪から正式競技になった女子ジャンプでの金メダル獲得が悲願。そのため、昨年から絶対的王者として君臨する高梨を抑えるべく、さまざまな手を打っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る