高梨沙羅のW杯連勝ストップ 裏にロシアの“いやがらせ”説

公開日: 更新日:

 ソチ五輪で浅田真央と並ぶ金メダル有力候補、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(17)に暗雲が立ち込めている。W杯4連勝中だった高梨は、4日に行われた第5戦(ロシア・チャイコフスキー)で“まさか”の3位。女子単独最多となる通算14勝目はお預けとなった。

 高梨は昨年12月に始まったW杯初戦から好調を維持していたが、今大会は上位選手が100メートル超えの記録を出す中、98.5メートル止まりだった。

 今回の敗戦について本人は、「ジャンプのタイミングが合わなかったことが課題」と話した。そんな高梨の「3位」を欧米スキー関係者の中には「ロシアによる高梨潰しが功を奏した」と漏らす者もいる。

 ロシアは自国開催の五輪から正式競技になった女子ジャンプでの金メダル獲得が悲願。そのため、昨年から絶対的王者として君臨する高梨を抑えるべく、さまざまな手を打っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る