高梨沙羅のW杯連勝ストップ 裏にロシアの“いやがらせ”説

公開日: 更新日:

 ソチ五輪で浅田真央と並ぶ金メダル有力候補、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(17)に暗雲が立ち込めている。W杯4連勝中だった高梨は、4日に行われた第5戦(ロシア・チャイコフスキー)で“まさか”の3位。女子単独最多となる通算14勝目はお預けとなった。

 高梨は昨年12月に始まったW杯初戦から好調を維持していたが、今大会は上位選手が100メートル超えの記録を出す中、98.5メートル止まりだった。

 今回の敗戦について本人は、「ジャンプのタイミングが合わなかったことが課題」と話した。そんな高梨の「3位」を欧米スキー関係者の中には「ロシアによる高梨潰しが功を奏した」と漏らす者もいる。

 ロシアは自国開催の五輪から正式競技になった女子ジャンプでの金メダル獲得が悲願。そのため、昨年から絶対的王者として君臨する高梨を抑えるべく、さまざまな手を打っているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る