投入ためらうケースも…巨人・原監督に「山口後遺症」の懸念

公開日: 更新日:

 左肩の脱力感を訴え、都内病院で検査を受けていた巨人の山口(30)がチーム休養日の19日、沖縄キャンプ施設でトレーニングを行った。

 検査の結果は「軽い炎症」。20日以降にキャッチボールを再開する予定で、「遅れを取り戻す」と意欲的だった。

 首脳陣はホッと一安心だろうが、もちろん楽観はできない。山口は前人未到の6年連続60試合以上登板を続けており、「いつ大きな故障を引き起こしても不思議はない」という声は多い。大事に至らなかったとしても、ベンチは慎重にならざるを得ないだろう。

 鉄腕の異名を取る山口が、肩の異変を訴えたのは今回が初めて。これまで、ピンチで山口に頼り切りだった原監督も、「ムリはさせられない」と投入を躊躇するケースが出てくるはずだ。一時的とはいえ、山口の離脱は巨人にとって軽くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る